2010年02月21日

◆ ホメオパシーと薬事法

 ホメオパシーがインチキ医療であるとしたら、薬事法に違反するはずだ。ではなぜ、ホメオパシーは薬事法違反で摘発されないのか?

 ( ※ 最後の 【 後日記 】 を、まずお読みください。) 
 ──

 以上は、疑問だ。この疑問に基づいて、あちこち調べたところ、次の結論を得た。
 「ホメオパシーは、薬事法違反にならないように、弁護士と相談して、注意している。そのために、ホメオパシーは、医療であるとは自称していない」

 ここまで調べて、私は自分の誤りを悟った。ここで、読者にお詫びをしておく必要がある。ごめんなさい。ホメオパシーは、インチキ医療ではありません。そもそも、医療ですらない。

 ──

 「ホメオパシーはインチキ医療だ」
 というのは、トンデモマニアの批判だ。私もそれを真に受けてしまった。まことに迂闊だった。トンデモマニアは誤読ばかりしているのだから、トンデモマニアの言葉を真に受けるべきではなかった。

 ホメオパシーのサイトを見るとわかるが、ホメオパシーは医療ではない。では何かというと、本人の「自然治癒力」を高めるだけだ、と称している。
 つまり、医療効果はゼロ。何らかの効果があるとしたら、本人の自然治癒力による。それを助ける効果があるだけだ。……こういう形で、薬事法違反を免れている。
 単純に言えば、体質改善のための(広い意味の)ビタミン薬みたいなものだ、というわけだ。

 もちろん、「体質改善のための(広い意味の)ビタミン薬みたいなもの」という効果すら、ありえない。ただのデンプン玉(砂糖玉)にすぎないからだ。とはいえ、「体質改善」の効果があろうとなかろうと、それはあまりにも抽象的だから、いちいち薬事法が乗り出すようなことではない。
 たとえば、「深呼吸すると体質改善ができます」と誰かが言ったところで、「それは薬事法違反だ」と摘発されることはない。「砂糖の飴をなめると体質改善がなされます」と誰かが言ったとしても、「それは薬事法違反だ」と摘発されることはない。

 ともあれ、ホメオパシーは、インチキ医療ではない。薬事法違反にはならない。なぜなら、もともと医療ではないからだ。ただの気休めみたいなものにすぎないからだ。そのことをホメオパシーの業者自身が認めている。(ただし、誇大に吹聴するが、その程度のことなら、他の産業だって同様だ。特に、IT産業では、「これで生産性アップ」という嘘が堂々と出回る。勝間和代だって、「これで年収2倍」というふうに嘘をつきまくる。)

 というわけで、ホメオパシーは、インチキ医療ではない。医療ですらない。自分自身がそれを認めている。
 とすれば、「ホメオパシーはインチキ医療だ」というトンデモマニアの騒ぎに、巻き込まれるべきではあるまい。彼らは勝手に誤読しているだけだ。

 ──

 賢明なる人々が何かをなすべきだとしたら、次のことだ。
 「ホメオパシーには医療効果はない。そのことはホメオパシーの業者自身が認めている。もともと自然治癒力をいくらか高めると述べているだけであって、何らかの医療効果があると述べているわけではない。そこを勝手に誤読するべからず」

 要するに、「ホメオパシーには医療効果がある」と信じている点では、一般のホメオパシー信者も、ホメオパシーを批判するトンデモマニアも、どちらも誤読しているのである。
 誤読せずにきちんと読めば、「ホメオパシーは医療ではない」とわかるはずだ。

( ※ では何かというと、あえて「医療である」と誤認させる詐欺だ。そして、「医療である」と誤認している点では、ホメオパシーの信者も、トンデモマニアも、どちらも、まんまとだまされているのである。……私もこれまで、だまされていた。済みません。ぺこり。)



 § 出典1

  → 日本ホメオパシー医学協会
  
  ・レメディーは食品であり、医薬品ではない
  ・レメディーを医薬品と誤認を与える表現・取り扱いはしない
  ・レメディー自身が病気や体の部位に効果があるという記載は×


 というふうに、医薬品としての効能を否定している。

 § 出典2

  → ホメオパシー・ジャパン

 ホメオパシーの効果を、(本人の)「自然治癒力」という言葉で説明している。
 何らかの薬効を示しているわけではない。そのことで薬事法違反を免れる。
 
 なお、ホメオパシーの定義として、「稀釈した物質を使うことで薬効を得る」というふうに説明している人もいるが、これも間違いだとわかるだろう。それは昔の(本来の)ホメオパシーである。今の業者がそう言っていれば、薬事法違反となる。だから、そんなことは言っていない。それに基づいてそれと同じ方法を取っている、と述べているだけだ。「稀釈した物質を使うことで薬効を得る」とは明言していないのだ。(あえて混同させているが。)
 正確に言えば、こうだ。
 「稀釈した物質を使うことで薬効を得る、という昔の方法に基づいて、稀釈した物質を使うことで自然治癒力を高める」
 ここでは明白な薬効は明示されていない。そのことで薬事法違反を免れる。かつ、薬効があるかのごとく錯覚させて、人々をだます。(だまされたなかには、トンデモマニアもいる。)



 [ 付記 ]
 根拠は不明確でも何らかの体質改善効果がある、というふうに語ることは、薬事法違反ではない。
 たとえば、「インフルエンザには、ネギ・ショウガ・マイタケ・ニンニクなどが効く」という説がある。本サイトでも、そのような説を紹介したことがある。
 そのような説は、医学的に明白に原理が証明されたわけではない。とすれば、そのような説を紹介することは、薬事法違反か? そんなことはあるまい。その程度のことで目くじらを立てることもあるまい。
 ホメオパシーで何らかの効果がある、と述べることは、それ自体は、特に大騒ぎするほどのことではない。ただし、砂糖玉を高値で売りつけるのが、詐欺であるだけだ。ここでは「だます」「詐欺」という点に力点を置くべきだ。医学的にどうのこうのというと、薬事法違反の摘発を免れているホメオパシー業者の罠に、まんまとはまることになる。



 [ 余談 ]
 「市場原理を貫徹すると、詐欺師がはびこる」
 というふうにに述べた。(特に、医療の分野ではそうなる。)
 このことは、ホメオパシーにおいて、典型的に当てはまるだろう。薬事法という規制の及ばない範囲に逃れれば、市場原理の下で、詐欺師が跋扈するようになる。
 「規制緩和と市場原理で経済は最適化」
 なんて唱える誰かの見解をまともに信じていると、ホメオパシーどころか、あらゆる分野で詐欺師が跋扈するようになるだろう。



 【 後日記 】
 本項で述べた話は、
 「薬事法違反で逮捕されないようにホメオパシー業者が努力している」
 ということだった。

 しかし、私としては、本項以降で示したように、
 「業者の言い分に従う必要はない。薬事法違反で摘発するべし」
 というふうに主張している。業者がいくら「医療ではない」と自称していても、実際には「医療である」フリをしているからだ。

 その後、行政側が「薬事法を遵守せよ」という形で、規制に乗り出した。そのせいで、「医療効果があります」という宣伝は、販売の場では規制されるようになった。詳しくは下記。
 → ホメオパシーの薬事法規制
 
 本項よりは、上記項目の方が、内容的には充実している。そちらを読んでほしい。
posted by 管理人 at 21:44| Comment(1) | 医学・薬学 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
管理人様の主張は「ホメオパシーはトンデモか?」にて下記リンクの如く「厚労省」の方針がトンデモだ!と考えていますが・・・
http://www.data-max.co.jp/2010/02/post_8631.html

・・・また、ホメオパシーをはじめとしたさまざまな代替医療について、本年度の予算で10億円以上の予算を計上し、プロジェクトチームを発足すること明言した。・・・

上記にて「代替医療」の代替に着眼すれば、
医療を「他のものに代える」・・・・
お祈りか?宗教か?
そう考えると、トンデモと思える。
または、ネットワーク商法で有名な健康補助食品か?
いずれにしても、勘弁してくれと思う。
Posted by pino at 2010年02月22日 11:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ