2010年01月21日

◆ Twitter とは

 Twitter とは何か……について、初心者向けに説明するのでなく、頭のいい人向けに説明しよう。「その本質は何か?」と。 ──

 まずは、元の語義から。
 英和辞典によれば、twitter には、動詞と名詞がある。動詞は「(小鳥が)さえずる」という原義があり、派生的に「ぺちゃくちゃしゃべる」という語義が生じている。名詞は、それぞれの動詞の名詞化だ。
 tweet というのは、twitter の原義である「(小鳥が)さえずる」という意味だけがある。
 ただし今では、Twitter で語ることを tweet (する)というふうに表現しており、twitter という言葉の方は、名詞だけが用いられているようだ。つまり、動詞と名詞がはっきり区別されるようになっている。

 ──

 次に、初心者向けの解説。
 Wikipedia によれば、こうだ。
 Twitterはブログとチャットを足して2で割ったようなシステムを持つ。各ユーザーは自分専用のサイト(ホーム)を持ち、「What's Happening?(今どうしてる?)」の質問に対して140文字以内でつぶやきを投稿する。つぶやき一つ一つはブログのエントリに相当し、つぶやきごとに固有のURLが割り当てられる。
 ホームには自分のつぶやき以外に、フォローしたユーザーのつぶやきもほぼリアルタイムに表示される。このつぶやきの一覧を「タイムライン」と呼ぶ。例えば「ビールが飲みたい」というつぶやきに対し、それを見たユーザーが何らかの反応をすることで、メールやIMに比べて「ゆるい」コミュニケーションが生まれる。
 また、IT用語辞典バイナリによれば、こうだ。
 Twitterのサービスは、シンプルに、コミュニティに登録された仲間同士で「What are you doing?」(今、何をしているか)に対する回答を伝え合うというのがコンセプトとなっている。一回に登録できる文字数は最大140字以内である。「つぶやき」のようなコメントを気ままに共有することで、ゆるいコミュニケーションが図れる、という点を特徴としている。
 Twitterに投稿される「つぶやき」は、ツイート(tweet)と呼ばれる。
 以上のような説明は、初心者向けの説明だ。本サイトの読者なら、たいていの人は理解しているだろう。私としても、いちいち屋上屋を重ねるような説明はしない。

 ──

 さて。「 Twitter は時代の最先端だ」というふうに認識をする人々もいる。たとえば、次の3例(プラス1)だ。
  → 鳩山首相がTwitterを開始
  → ビル・ゲイツ氏、Twitter開始
  → 孫正義社長がTwitterでつぶやき開始
  cf. ソフトバンク孫社長が全社員にTwitterへの参加を指示?

 では、Twitter は本当に時代の最先端なのだろうか? これが本項の話題だ。

 ──

 そこで考察しよう。
 そもそも、Twitter は次のような形で出現した。
  ・ 「今何してる?」を話題とする。 
  ・ 140字に制限する。


 このうち、後者はちょっとわかりにくい。情報量をあえて制限することには、メリットは何もないからだ。ではなぜ、メリットをあえてなくすようなことをしたのか?

 ──

 ここを考えると、Twitter の狙いが透けて見える。次のことだ。
 「現代はケータイの時代である。人々はのべつまくなしに、ケータイで連絡を取り合う。『今何している?』を話題として、友人同士でケータイでいつも連絡を取り合う。短文で。……だから、ケータイと同じことを、ネットでもやってみよう。つまり、ケータイのパソコン版だ」
 
 これが Twitter の当初の狙いだったと透けて見える。だからこそ、Twitter は当初、あれほどにも、「今何している?」という使い方を推奨していたのだ。

 ──

 しかし、当初の狙いをはみだして、ユーザーが勝手に新たな使い方を発見する、というのは、ネット時代にはよくあることだ。このことは Twitter にも当てはまった。「今何している?」という使い方をはみ出して、単に「つぶやく」ことを目的として利用するようになった。「今何している」ことに限らず、ありとあらゆることについて「つぶやく」ために用いられるようになった。

 では、そういうふうに「つぶやく」ことに使われるとして、既存のブログやホームページとは、どう異なるか?
 「コメントのやりとりがある」という点では、ホームページよりもブログに近い。ただし、違いもある。次のことだ。
 「ブログは、不特定多数を相手として、会話をする。 Twitter は、登録された相手という、不特定中数を相手として、会話をする」

 ケータイというものは、特定の小数または不特定の小数との会話ができる。ブログは不特定多数との会話ができる。その中間を埋めるものとして、不特定中数を相手とした Twitter というものが新規に出現したわけだ。
( ※ なお、不特定多数が不特定多数と相互的に会話をするのは、2ちゃんねるのような掲示板である。これはかなり初期に出現した。巨大化の方針。Twitter は、それとは逆に、縮小化の方針を取っている。)

 ──

 ここで注意。以上のことだけでは Twitter の本質をつかんだことにはならない。なぜなら、不特定中数を対象とするなら、mixi のような SNS もあるからだ。
 では、SNS と違って、Twitter にはどういう特徴があるか? 

 ここまで考えると、Twitter の一番核心的なことがわかる。それは「 140字 」という字数制限である。
 この字数制限は、ケータイメールの無駄話によく似ている。ケータイメールの無駄話は、たいていが極端に短い文章だ。それと同じことが Twitter にも見られる。

 では、その本質は? 私は、こう考える。
 「 Twitter は、140字 という字数制限があることで、まともな論説を書くことが不可能になり、ただの無駄話しかできなくなってしまう。そこで、無駄話をするための道具として、 Twitter が特徴を発揮する。ネットの世界では、有能な人は立派な文章を書き、無能な人はひどい文章を書く。そこでは、利口と凡人の差がはっきりと付くので、凡人は恥ずかしくて使いたがらない。しかるに、 Twitter ならば、誰もがただの無駄話しかできなくなるので、凡人も気軽に無駄話をできる。こうして、凡人のための無駄話用のツールとして、 Twitter が大いに栄えることになった」


 これは「俳句化」とも言える。短歌では、上手と下手との差が付くが、俳句では、字数が短すぎるがゆえに、上手と下手との差が付きにくい。アマチュアだって十分に第一線に立てる。表現の可能性の限界を大幅に低くすることで、誰もが下手にならずに済むのだ。
( ※ これはまあ、囲碁に対する五目並べみたいなものかもしれない。)

 ──

 さて。 Twitter の本質は「凡人のための無駄話用のツール」だと判明した。
 となると、これを凡人が使うのは当然だろうが、これを優秀な人が使うのはおかしい。特に、鳩山首相のような一国の首相が使うのは、本末転倒だ。
 首相たる者は、たった一人が全国民に対して発言できる。そのためには、テレビも新聞もネットも、あらゆる媒体が利用される。大々的に大声で唱えるための拡声器があるのだ。とすれば、「つぶやく」ということ(不特定中枢を相手にすること)は、本末転倒だ。
 さらにまた、首相たる者は、一国の命運を左右するような大事なことを語るべきだ。無駄話なんかを語るべきではない。
 
 簡単に言えば、こうだ。
 「鳩山首相は、Twitter で接続してきた一部国民を相手に、短い文章で無駄話を語るべきではない。たとえば、『小沢さんはおれの同志なんだよなあ』とか、『小沢さんは検察と戦ってほしいなあ』なんて、ぼそぼそとつぶやくべきではない。もっと堂々と語るべきだ。全国民を相手に、正面を向いて、長い文章で論理的に語るべきだ。」

 要するに、一国の首相たる者は、つぶやいたりするべきじゃないのだ。というか、まともな人間はすべて、Twitter なんかを使うべきではないのだ。それよりは、ブログやホームページによって、全世界に堂々と長々と語るべきなのだ。それだけの語るべき内容があるはずだからだ。無意味な無駄話よりも、意味のある有意義な話を語るべきなのだ。

 「 Twitter は、流行しているから、おれもやろう」
 なんて考えているようでは、ITのことを何もわかっていない、と言われても仕方あるまい。 Twitter は便利だし、利用者はとても多数だが、それは、 Twitter が優れている(高機能である)からではなくて、 Twitter が凡人用のツールだからだ。
 「自分は凡人だから凡人用のツールを使おう」と思っているのならば、妥当であるが、「自分は傑出した人間だから、最先端の Twitter を使おう」なんて思っているようでは、結局は、ITのことをわかっていないのである。

( ※ 鳩山だけじゃないね。ゲイツも、孫正義も、池田信夫も。これらのように Twitter を使いたがる連中は、結局は半可通だ。その点、スティーブ・ジョブズは、そんなことはしないな。さすがに。)



 [ 余談1 ]
 「そういうおまえは何をしているんだ?」
 という疑問には、こう答える。
 「ブログやホームページを何種類も持っています」
 具体的に例を挙げると:
  ・ Openブログ
  ・ nandoブログ
  ・ 泉の波立ち
  ・ Google and Me ブログ
  ・ 知的な書評ブログ
  ・ ブログ・テンプレート Seesaa
  ・ 知の道具箱
  ・ 文字講堂
  ・ クラス進化論
  ・ 量子論のサイト


 うーんと。これで全部だったっけ? あ、まだ「悪の華」などのサイトがあったな。あんまりたくさんあって、数え切れない。   (^^);
 つぶやくかわりに、拡声器で大々的に語る、というのが、私の方針だ。

 [ 余談2 ]
 有名人ならば、つぶやくにしても、Twitter よりももっと便利な道具を使うといい。それは何か? その最先端の使い方は、しょこたんが示している。ブログでつぶやくのだ。一日に何十回も。短文で。ケータイみたいにして。しかも画像を付けて。……これこそケータイ用途で Web を使っていることになる。

 しょこたんブログは Twitter 2.0 である。現状の Twitter よりも、はるかに先を進んでいる。



 【 関連項目 】
 Twitter でなく、ブログやホームページについては、下記の項目でおまけふうに説明した。
   → 書評 ブログ 「読書する運動選手」
 「ブログというのは日替わりで更新されるが、日替わりで有益な情報を出せるほど多産的 productive な人は、そう多くはない」
 というような話。



 【 追記1 】
 「 Twitter は面白いか?」
 という質問には、イエスともノーとも答えられる。ただし、ここでは本質的なのは、「面白いか否か」であって、「役立つか否か」ではない、ということだ。
 Twitter は、ネット上の文字会話(チャット)のようなものである。それは何か情報を伝えて役に立てようとするものではなく、そのとき限りの楽しみのためにある。
 その意味で、 Twitter の会話は、「今何している」というリアルタイムのものであると同時に、「過ぎたものには意味がない」という刹那的(せつなてき)なものだ。その一瞬にのみ価値があり、その瞬間が過ぎれば価値がなくなる。……現実にはそれほど急速に価値が消えるわけではない。(音声電話の会話ほどではない。文字メールほどでもない。)とはいえ、やはり、過ぎた日の会話には「賞味期限切れ」という印象がつきまとう。その点では、ブログやホームページよりもずっと早く賞味期限切れになる。ほとんど生鮮食品ほどの「生もの」である。
 Twitter を使うかどうかは、そういう即時的・刹那的な無駄話を楽しむかどうかによる。換言すれば、その人が暇であるかどうかによる。暇で仕方ないなら、Twitter で時間をつぶせばいいだろう。一方、忙しくて仕方ないなら、Twitter なんかやっている暇はないはずだ。
 鳩山さんはどっちなんでしょうかね? 本来ならば、Twitter なんかやっている暇はないはずだが、これをやって楽しみたいのだとすれば、暇がたっぷりあるのかも。(仕事をしていないことの証明かな。)

 【 追記2 】
 「初心者には使いやすいのかな?」
 と思って、ちょっと試してみたが、あまり使いやすくないですね。
 (1) 加入しようとすると、途中で英語画面に変わる。日本語化されていない。
 (2) 公式サイトで検索すると、ごく最近の分しか検索されない。
    → 別の twitter 検索サイトでは検索できるが、あまり有名でない。
      http://pcod.no-ip.org/yats/
 


 【 関連項目 】

  → twitter,Facebookと日本語

  字数制限の話。
posted by 管理人 at 22:26| Comment(5) | コンピュータ_02 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最後に  【 追記1 】 【 追記2 】 を加筆しました。
Posted by 管理人 at 2010年01月21日 11:00
浅尾慶一郎(みんなの党)が、Twitter の利用体験を朝日新聞上で示している。「こんなに反響があるんですよ、リアルタイムで」と大得意。

しかし、数十人や数百人の反響があるとしても、身のまわりの一部にすぎない。一方、彼の得た票は、何万にもなるはずだ。

彼はかつて民主党を離脱したときにも、身のまわりの支持者のことばかり考えていて、選挙区全体や日本全体のことを見失ってしまった。

だいたい、彼は、小選挙区で落選したのである。他の人の票をもらう形で、比例区で復活しただけだ。他人のおこぼれで復活した復活組のくせに、偉そうな顔をしないでほしいね。「自分は個人的には落選したんだ」という意識を忘れないでほしい。Twitter で得意になっている場面じゃないんだが。どうせなら小沢のことでも突っ込みなさい。

と思って、彼のホームページを見たら、「 Twitter 議員」だって。苦笑。つぶやき議員か。「声の小さい泡沫議員」と告白しているようなものだ。
Posted by 管理人 at 2010年01月24日 12:34
Twitter をやっている人のあいだで、本項が話題になっている。

 被害妄想の人がいるようなので、注釈しておくと、……

 本項の趣旨は、
 「 Twitter なんか下らない。やっている人は愚劣だ」
 ということではない。むしろ、
 「 Twitter は時代の最先端だから、みんなそろってやりましょう。これこそ最高」
 と唱えるマスコミやソフトバンクの尻馬に乗って、調子に乗るべからず、という意味だ。
 
 「しょせん暇つぶしだ」
 と思って、暇つぶしにやっている人は、それはそれで勝手。個人の自由だし、批判はしません。パチンコや競馬で金を奪われるよりは、よほどまともだ。

 本サイトの基本姿勢は、
 「マスコミに踊らされるな」
 ということだ。本項もまた、その一環で書いている。誰かの悪口を言いたいわけではない。被害妄想にならないでほしい。
 
( ※ ついでだが、この短いコメントでさえ、140字を越えている。  (^^); )
Posted by 管理人 at 2010年04月11日 14:47
Twitterに関して、管理人さんと同じような見方してましたが、知り合いのある人が有効に使ってるの見て考えを改めました。
気の合う友人同士との「雑談」で、面白いトピックを教えてもらえたり、いいアイデアをもらったりってことありません?そういう「雑談」をいつでもどこでもできるようにするツールとして、Twitterはかなり有効に使えるようです。
つぶやきを聞いてもらうためのツールじゃなくて、話題提供して「雑談」するためのツール。つまり、情報を発信するためのツールではなく、情報を得たり整理するためのツールとして考えれば、はまる人が多いのも分かるなぁ、と思います。
雑談好きの私は、はまりすぎて仕事に支障がでそうなので、やっぱりTitterには手を出してないんですが。
Posted by T.M. at 2010年08月18日 20:53
その長所は本来の長所ですし、その短所は(当然付随する)本来の短所です。

 ま、だいたい、本文で述べたとおり。ケータイみたいなものだから、やりたい人はやればいいし、馬鹿馬鹿しいと思う人はやらなければいい。
 別に、「やるな」とは言いません。また、やらないというあなたの方針は、賢明だと思います。
Posted by 管理人 at 2010年08月18日 21:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ