2010年01月08日

◆ 若者の知的レベルの低下

 若者の知的レベルが大幅に低下しているという。大学卒でも、中学レベルの数学ができないという。50代の高卒の人々よりもはるかにレベルが下だという。 ──

 若者の知的レベルが低下しているというのは、すでに何度も報道されてきた。ただし、そのレベルは、「ちょっと悪い」というような生易しいものではなく、大幅に低下しているようだ。大学卒でも、中学レベルの数学ができない。50代の高卒の人々よりもはるかにレベルが下だ。……以下、記事を紹介しよう。
 (大卒社員を採用しようとしたメーカーが)半年間で学生約60人を試験したが、「中学レベルの数学が出来ない学生が多く、不採用が続いた」という。
 また、東海地方の自動車関連メーカーが新入社員に行っている「算数テスト」の成績は昨年、100点満点で平均 50点を割った。図面が読めない若手が増えたため、基礎学力を検証しようと、技術系の新人と 50代社員にテストを試みたのは 2007年のことだ。結果はショッキングだった。小6〜中3程度の問題で、大学院卒が多い新人の平均は 55点。高卒が多い 50代より30点低かった。
( → 読売新聞・朝刊 2010-01-06
 つまり、現代の大学生の若者のレベルは、50代の高卒の人々よりも、大幅に低い。
 ま、今は、「大学全入時代」とも言えるから、今の大卒と昔の高卒を比較するのは、ちょっと妥当ではないかもしれない。だとしても、正答率の差は、否めない。大卒であるかどうかにかかわらず、現代の若者の知的レベルは大幅に低下している。そもそも、計算でなく、言語の表現力からして、大幅に低下している。漢字の書き取りですら、まともにできない若者が多数だ。
 その理由は? 私の推定では、それは「ゲーム機づけ・ケータイづけ」だ。このせいで、まともに勉強もしないし、まともに本も読まない。頭の訓練ができていないのだから、知的レベルが大幅に低下するのは当り前だ。また、萌えキャラみたいなものに嵌まっている時点で、頭が幼稚化しているとも言える。
 
 ついでに言えば、新聞社もひどい。特に、朝日新聞がそうだ。前項でも述べたとおり。
 記事だけでなく社説もだ。朝日の社説は、近年、大幅にレベルが低下している。10年ぐらい前までは、かなりいいことを書いていたのに、最近のレベル低下は目に余る。昔は読売よりも朝日の社説の方がずっと上だったが、今では読売の社説よりも大幅に劣るほどだ。ひどいね。



 [ 付記 ]
 読売の記事では、学力低下の理由を「ゆとり教育のせいだ」という趣旨で示している。だが、それはありえないだろう。
 ゆとり教育は、教育する量を減らすことだ。それは、上位の秀才には学力低下をもたらすが、中下位の凡才・鈍才にはかえって好影響をもたらすはずだ。低レベルの教育なら、凡才でもわかるはずだからだ。
 ところが現実には、秀才のレベルが下がるだけでなく、凡才・鈍才のレベルまでが大幅に低下している、と判明したわけだ。とすれば、この学力低下は、ゆとり教育のせいではあるまい。
 というわけで、「ゲーム機とケータイのせいだ」という私の主張が生じる。
posted by 管理人 at 19:42| Comment(15) | 科学トピック | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
[付記]の部分についてコメントさせていただきます。

私は、この問題に関してはゆとり教育がその原因であるという立場です。教育する量を減らすことが中下位には好影響をもたらすと書かれていますが、私は、量を減らすことが悪影響を与えていると思います。
その理由は、量が少すぎて体系的な理解ができないからです。数学や理科で顕著だと思いますが、系統的に理解が進む筈の学習の過程が、量を減らされたことにより飛び飛びになってしまっています。これでは、却って理解が困難になります。

数学や理科の授業は、喩えて言えば、樹木のように進んでいくと考えます。基礎を学び、応用し、それをまた基礎として先に進む。しかしゆとり教育では、枝葉を切るのならともかく、幹が輪切りにされてしまいました。こうなっては、一を聞いて十を知るような天才でなければ先に進むことができなくなってしまいます。

聞くところによると、学力は全体的に低下していますが、トップ中のトップのクラスは維持されているか、場合によっては伸びているようです。例えば、国際数学オリンピックの順位など。多くの事例を検証したわけではありませんが、こういった傾向は、私の考えと符合しているように見ることもできます。

ただ、ゆとり教育で減らされたものを補完/補間するために使うべき時間が、ゲームやケータイに奪われているということはあると思います。そう言う意味では、これらが皆学力を低下させる要因になっていると考えることもできるのではないでしょうか。
Posted by poimandres at 2010年01月08日 23:33
ゆとり教育で学力が低下した、という趣旨であれば、その通りでしょう。しかし本項の意図は、「学力が低下した」というよりは、「最低限の能力が欠落している」ということです。
 ゆとり教育では、学習量が半減して、授業時間は1割減ぐらいです。この場合、同じ内容を学習するための時間は、ほぼ倍増しているから、最低限の知識ぐらいは、きちんと習得できているはずなのです。

 モデル的に言うと、……
 ゆとり教育では、半分の量しか教えないから、最大でも 50点しか取れない。しかし、その 50点を取るための時間は十分にあるから、下位の生徒も 50点近くを取っていいはずです。上位の生徒は、100点近くを取る能力があるのに、50点しか取れません。結果的に、平均点は 50点弱でしょう。
 それ以前の教育では、逆に、100点分を教えますが、下位の方は落ちこぼれてしまって、50点さえも取れません。せいぜい30点。上位は90点。平均して、60点。

 以上を比べると、従来は平均点が60点で、ゆとり教育では 50点弱となるので、従来の方が学力は高かったことになります。しかし、下位だけに着目すれば、下位の生徒も 50点ぐらいは取れているので、下位の生徒だけはゆとり教育の方が学力が高いことになります。

 例で言うと、ゆとり教育では、四則演算だけを教える。従来の教育では、四則演算は半分の時間で済ませて、あとは比例・反比例など、さまざまな概念を教える。当然、従来の教育の方が、学力は高い。
 さて。ここで、四則演算という最も基本のテストをする。その場合、どちらが高い点数を取るか?
 私は、ゆとり教育の方だと思いますよ。四則演算ばかり教えていれば、四則演算だけは上手にできて当然だ。他のことは何もできないとしても。

 ──以上、補足的な説明です。
Posted by 管理人 at 2010年01月09日 11:47
昨日は結局コメント書いても処理されませんでした……。

基礎が出来ていない状態では、いくら時間をかけても習得することはできないのではないでしょうか。

ある項目について学ぶ内容が減った。確かに、その項目にかけられる時間が増えたので、充分な達成度に至るまで学習を進めることができるようにも思えます。
しかし、それを学ぶために必要な前段階の学力が内容削除のために身に付いていなかったら、時間をかけてもわからないものはわからないのではないでしょうか。
前のコメントで述べたように、私が問題にしているのは、内容の削除により学習内容が飛び飛びになってしまって、段階を踏んだ学習が困難になっていることです。この状況では、上記のように、時間をかけることができても学力は身に付かないと思います。
Posted by poimandres at 2010年01月10日 15:02
丸一日以上、ブログのサーバーが不良だったとのことです。障害。
Posted by 管理人 at 2010年01月10日 15:44
大勢の若者の学力の統計データを調べるべきだと思います。
Posted by 名無し at 2010年01月11日 12:46
管理人様もpoimandres様も正しいと思います。

ゆとり教育が生まれた理由は日本の詰め込み教育の反省からだと思っています。

ドイツ等に比べたら、明らかに自由度が少なかった。だからゆとり教育の思想は正しいと思われる。

では、ゆとり教育において今日発生している問題の本質は何か?

それは基本と応用を厳密に区別するのは実は難しい事にある。

数学を例にとれば、基本と応用の区別は非常に難しい。

例えば「数」だ、整数、有理数、無理数、虚数・・どの数をどの場合に適用すべきか、すべきで無いかは教育する上で重要だ!
例えば四則演算における割り算がそうだ!この説明理由は割愛するが、要するに、理想的な教育カリキュラムは直ぐに構築出来ない。
だから見直し、修正をすればよい。
現状のゆとり教育の成果と思われる結果が落第点だから、以前の詰め込み教育に先祖帰りする・・ではダメだと思う。

追記:友人に教師を教育している方が居ます。その方の主張は「最近の教師レベルは非常に低い」そうです。

ですが、その前に、私見ですが、生徒とその親の倫理、道徳レベルは呆れるほど低下しているのも事実ではないでしょうか。

最終的には、自身を含め、身近なもの(自分の子供)からしっかり、ご自身が教育する事が良策でしょう。
Posted by pino at 2010年01月12日 11:40
ゆとり教育の実施は、詰め込み教育の反省と言うより、アメリカの公教育でアホばかりになったやり方を日本に持ち込んだものではないかと思います。
日本潰しの一環として教育をターゲットにした『沈黙の兵器』低強度戦争だったのでしょう。

ゆとり教育もTVゲーム&携帯も両方悪いのですが、文部科学省の教育指導要領も相当に悪いのではないでしょうか。
子供が学力を身につける上で一番重要なのは、学んでいる学問について興味を持つことでしょうが、教育指導要領では踏み込んだ授業や興味を持たせる様な授業を行うことは禁じられている様です。
この様なことは、『文部科学省の犯罪』と言っても良いと考えます。
Posted by 奇兵隊 at 2010年01月12日 20:16
・平等教育
優等生も劣等生も同じ教育。長所も短所もそのまま。個々への干渉は出来るだけ少なくする。

・教育は先生だけ?
教育は学校がするもの。勉強は子供だけ、親は勉強しない。

・結局、理解できずに過ぎ去る。
最低限の教育なのに、そのベース部分を理解することなく過ぎ去り、最低限のレベルでも理解できない。

------------------------
トップレベルは下がり、ボトムレベルも下がる。子供世代、孫世代は更に下がる。今更、ゆとりを止めても、教える側がゆとり世代でどう教えるのか?

学力のダウンスパイラルをどう断ち切るかは、親の努力に依ると考えています。
日テレで「天才じゃなくても夢をつかめる10の法則」と言う番組を放送していましたが、親の努力が必要なのは当たり前ですよね。
この当たり前を、大々的に放送してそこそこの視聴率が取れるのですから、「当たり前が当たり前ではなくなった」と言うことなのでしょう。
Posted by yochi at 2010年01月13日 00:40
小学校の算数が理解できなくても大学の文系学科へ進めてしまうのが現実です。八年程前にはすでに日本はそのような兆候がありました。当時の大学生が分数の四則計算を解けなかったのをニュースで拝見したのを覚えています。(番組の信憑性には言及しません;ウケ狙いだった可能性もあります)
 とすると、14年前には義務教育の水準はもうそこまで低下していたのでしょう。しかし、今の50代つまりおよそ36年前の水準はまだ高かった。多分、その間に何かが起きて大学進学が就職への通過点にすぎなくなった。そして、その流れを携帯電話やゲームの普及が後押しした。
Posted by ナノ at 2010年01月14日 16:57
私のデータでは、分水嶺は、ニンテンドーのファミコンが登場した時点です。
 それ以前は、年ごとにレベルがアップしていった。
 それ以後は、年ごとにレベルが下がっていく。
Posted by 管理人 at 2010年01月14日 19:55
次の項目を別サイトに書きました。

  → 知的な書評ブログ 「読書する運動選手(菊池雄星)」
  http://books.meblog.biz/article/2187410.html
Posted by 管理人 at 2010年01月17日 19:56
現代の若者の知的レベルが 低いのは 核家族化やゲーム機時代で 人とのコミニケーションがとれないなど さまざまな因果関係があると思います
自分は 何人もの20代の若者をアルバイトで雇った経験がありますが まず常識が通用しません
わがままな子供がそのまま大人になってしまったような感じをうけます
これは 現代の日本社会の政治的原因も多いかと思います
数学や英語・・現代ではパソコンの授業などされているようですが 本当に子供たちにそのような教育が必要なのか疑問です
もっと人として 他人に迷惑をかけない・ゴミはきちんと捨てる・・お年よりは大切にするなど、
基本的なことを教育していかなければ 本当に日本は 沈没しますよ
政治家の方々も 本当の社会情勢をわかっていないと思います
国は 人が作るものです
その人間が いなければ 国は潰れます
何千年もまえの文明も そのような形で滅んできました
歴史は繰り返されるのでしょうか
Posted by だんご侍 at 2010年02月22日 22:23
こんにちは。
数学も問題ですが、言葉を知らないことが問題だと思います。四字熟語、漢語を知らない若者が多いようですね。しかも、日本の子供や若者の世界では、自分の意見を詳しく説明するのはダサい、と言う美学があるようで、たとえば、俺はこれこれこういう理由でむかついている、と説明するとうざいと思われ、一言むかつくと叫ぶことが、かっこいいことだと思われているようです。しかし、社会的に高い地位に尽きたかったら、ちゃんとしゃべれなくてはなりませんね。
理科系のサイトであるにもかかわらず、文科系的な意見を書き込んでしまいました。
Posted by mina at 2010年10月01日 19:30
いろいろなことに興味をもつことの芽がつまれるようになった。これが学力低下の原因のような気がします。
大人にしたら「そんなこと当たり前やん」と感じるようなことでも、幼い頃は産まれた時からいろいろなことを不思議に思います。「何故これはこうなのだろう?何故これはこんなふうになるのだろう?」と…
そういう時に周りの大人が、「もうこれをしなさい」とテレビを見せたり、ゲームを押し付けたりするのではなく、一緒に不思議に思ったりすることが大事だと思います。
不思議に思うことがダメなことのように扱われなかったら、それは大人になってからもずっと続くと思います。
まず小さい頃からの「何故?」という気持ちを大事にすること…それが今は少なくなったと思います。
学校の教育は、その何故という気持ちを解決する基本的な学力を身に付けさせることだと思います。何故と思う分野は、人それぞれに違うから、高等教育ではその分野に別れた学習をすること…
まずは幼い時からの、いろいろなことに興味をもつことを大事にしてほしいです。
Posted by スネ夫 at 2013年03月10日 13:44
私は50代後半で教員免許を持っている。教職を目指した時期から、子供時代の記憶を忘れまい、と思って来た。それが教職に役立つと思ったからだ。その後、教職に就く事は無かったが、昔の子供時代と現在の差は、とても良く判る。

日本の子供が勉強を放棄したのは、危機感を感じないからである。

私が子供の頃(昭和30年代)は、常に危機感があった。頭が悪くて浮浪者になったら、どうしよう、お金が稼げなかったら飢えて死んでしまう、という危機感があった。先生も厳しかった。小学校低学年の時は、よくビンタをされたものだ。

だから、実感した。”大人になるのは大変なんだ”

今はどうだろう。先生にビンタをされる事も無く、”友達先生”が大流行だ。家庭に帰っても、まるで、”兄弟”の様な親子関係。

だから誰も、”大人になるのは大変”とは思わない。それどころか、世の中を舐めている若者が大挙する結果となった。

世の中を舐めている子供は、危機感が無いので、勉強をしない。社会の作法を見につける事もしない。

その結果が、現在の状況である。

欧米社会では、”子供は動物”という扱いである。だから、子供と大人の差は厳然としている。先進国で、子供のワガママを尊重しているのは、日本だけである。(ペットを甘やかす現象と同じ)

一方で、欧米社会は個人の意志を重要視する。子供は格下に扱いつつ、”あなたは何がしたいの”と聞いて判断させる。だから、主体性のある人間になる。

現在の日本は、子供を甘やかす一方で、進学などの重要な選択点では、親の勝手を子供に押し付ける。世界最悪の教育と言って差し支えないだろう。

ゆとり教育が現在の子供を生んだ訳ではない。危機感を感じさせない教育こそが、子供の学習意欲を摘むのである。金持ちの子供が勉強しないのは、教育界の人間なら、周知の事実である。

以上は、家庭の問題。次は、学校の問題。

*******

ところで、日本の子供達は、学校で勉強ができるのだろうか?

現在日本の子供達が最大の危機感を持っている事は何だろうか?

それは、”学校の友達関係”である。

21世紀現在の子供達が最も恐れるのは、”仲間はずれにされてイジメられる事”である。実際、年間で数人の子供が全国で自殺する。(私が中学生の時、小中学生の自殺は皆無)

これを回避する為に、コミュニケーション術を磨き、嫌いな友達とも付き合い、空気を読むのに必死になる。私は技術系のサラリーマンだが、今の子供達ほどに気を使う事は無い。ところが、年端もいかない子供達が、営業職サラリーマンの様な生活をしているのだ。

毎日、学校に行く度に、こんな事に腐心するのである。勉強が手につく筈がない。

この原因は、担任教師にある。彼らは、”クラスをまとめる”為に、教室内にスクールカーストを作る。そして、イジメられても騒がない様な、大人しい子供をイジメを標的として定め、教師自ら陣頭指揮に立って、イジメを開始する。イジメられた子供は、もう逃げようが無い。幼い精神は破壊され、自殺に至るか、登校拒否となる。

こういった醜悪なる教師の登場によって、子供達の学校生活は歪められ、”勉強どころではない”状態が継続する。

何故、こんな教師が登場するのだろうか? それは、倫理観なき教員教育がもたらした結果である。心理学を悪用した結果である。

私が教員を目指すのを辞めた原因は、教員養成大学への進学であった。そこに集まっていたのは、成績優秀だが、人間を見下す学生達であった。

朱に交わるのは嫌だったので、別の上級大学を受験し、転学した。

その私が断言する。”奴らなら、ありえる話”である。

彼らの多くは、現在、校長になっている事だろう。イジメ自殺の会見で、”イジメは無かった”と主張する校長の中に、かつてのクラスメートが居る可能性は高い。
Posted by PEPE at 2015年04月15日 20:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
過去ログ