2009年12月17日

◆ 風車の公害と問題

 風車の低周波音が人間に被害を及ぼしているという。さらには他の問題もある。 ──

 風力発電所の周辺で体調不良を訴える住民の苦情が相次いでいる。風車の回転時に出る「低周波音」と呼ばれる音波が理由。
  → 朝日新聞 2009-12-17

 さらには、鳥への影響もある。風車の設置されるところは、「風の道」と呼ばれる「空気の川」のような場所だが、ちょうどそこを鳥も利用するので、鳥がどんどん風車にぶつかって死ぬ。
  → 風車に衝突?オオワシ死ぬ

 この問題に対しては、私なりに対策を考えたこともあった。(だが、どうも抜本的な対策にはならないようだ。)
  → 風車と鳥

 ──

 いろいろと考えたが、やはり(風車による)風力発電は、日本には適さないようだ。理由は、前にも述べたとおり。平地の人口密度が高いからだ。
  → 風力発電(地理・気候)

 日本では、平地が少なくて、人間が多い。風力発電に適した土地は少ないのに、必要な電力量は多い。これは欧州とはまったく異なる。欧州では風力発電がそこそこ盛んだとしても、それと同じことが日本で成立するわけではない
 さらには、気候の違いもある。(日本には台風が来るので、風車がすぐに壊れる。緯度の高い欧州とは異なる。)

 今回、さらに「低周波音」という問題が出た。これも、人口密度ゆえの問題だ。日本には人のいない平地は存在しない。(北海道などの積雪地帯を除く。)
 関東では、山の麓の地帯まで、人家がどんどん進出している。麓には人家はまばらだと思っていたが、とんでもない。ほんのちょっとでも平地があれば、そこに人家が進出している。これは、丹沢などの山に登って、頂上から麓を見たときに、びっくりしたことだ。「よくもまあこんなところにまで人が住んでいるものだ」と思える地域にまで人家が進出している。駅から遠くても、土地があれば、人間が住んでしまうのだ。(ただし、ときどき人のいない地域がある。そこへゴルフ場だ。金持ちが遊ぶために人間を追い出した場所。  (^^); )
 こういうふうに土地がない状況だから、平地以外にも人間が進出する。その例が、離島であり、山間僻地だ。

 日本にはこれほどにも場所がない。とすれば、風車の好ましい立地場所など、ほとんどない。必ずそばに人間がいるはずだし、そこでは低周波音で悩まされる人が出てくる。
 おまけに、鳥も死ぬ。
 さらには、台風で壊れるので、採算性がない。

 風力発電は、そろそろ諦めた方がよさそうだ。
( ※ やるとしたら、よほど頑丈なものを、海上に設置する場合だけだ。しかしそれには、まだまだ技術開発の時間がかかる。)



 [ 参考 ]
 関連する話題。
 風力発電については、「風レンズ」というものもある。風邪を集める効果がある、という触れ込みだが、ちょっと違う。前から来る風をたくさん集めるのではなくて、その逆。風車の後ろの空気圧を下げることで、同様の効果をもたらす。
  → 風力レンズ(画像検索)

 ま、実現するかどうかはともかく、研究だけはどんどんやってほしいものだ。
 (それが実際に配備されるかどうかは別問題。)
posted by 管理人 at 20:00| Comment(2) |  太陽光発電・風力 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やたら大きいのがありますが

おそらくは、大きい風レンズは無意味と思います。

風レンズもどきですね。

日本は風力発電に向いてないというのは、そうでしょうね。

ジャイロミル型は面白そうですが、どこまで研究開発されてるのでしょうね。

http://www.cygnus.sc/order/

それから、太陽電池は将来性があると思います。たしかに、いまの太陽電池はゴミになる。でしょうけども効率が上がればそれなりに使えるでしょうね。
Posted by まえやま at 2009年12月18日 02:06
http://pds.exblog.jp/pds/1/200806/29/75/c0139575_2295480.jpg
風力レンズはけっこうだけど、こんな風に直列に並べちゃうと後ろのは回転しないんじゃ?
Posted by MSどす at 2009年12月18日 07:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ