2009年06月20日

◆ 新・新型インフルエンザ

 いわゆる「新型インフルエンザ」(豚インフルエンザ)の新型が登場した。新型の新型だから、「新・新型」もしくは「新々型」となる。 ──

 豚インフルエンザの新型が登場した。豚インフルエンザが突然変異したもの。感染力が高まっている。中国で発見された。
 この件は、前にも「発生しそうだ」と記しておいたことがあるので、下記項目の最後に追記した。
  → 豚インフルエンザの感染力 【 追記 】

 そこに示した新聞記事によると、「感染力が強まって大変だ」ということだ。だが、私としては、「以前より大変だとしても、大騒ぎするほどのことはない」という立場。
 ま、どっちみち、いつかは起こるはずのことだった。とすれば、起こるべきことが起こったというだけだ。あわてるほどのことじゃない。



 [ 補説 ]
 ただし、問題が一つある。
 「これを『新型インフルエンザ』と称するとしたら、今まで『新型インフルエンザ』と呼ばれたものは、どう称するべきか? 『旧型インフルエンザ』と呼び替えるか?」
 という名称の問題だ。
 この問題は、いつかは必ず、起こるはずだった。インフルエンザには変異型が、毎年のように次々と現れるのだから、豚インフルエンザのあとでも、また新しいタイプが現れるのは、当然だ。その新型インフルエンザを、どう呼ぶべきか?    (^^);

 困りましたねえ。これは大問題ですねえ。たぶん、次のようにするしかないでしょう。
 「豚インフルエンザを、旧型インフルエンザと呼び、今回新たに見つかったのを、新型インフルエンザと呼び直す」
 とすると、「新型インフルエンザ」という言葉で意味するものは、二通りになってしまうことになる。
 しかも、今回の新型インフルエンザもまた、やがては旧型になる運命にある。   (^^);

 要するに、ありふれた普通名詞を固有名詞代わりに使う、ということが、根本的に間違っているわけだ。比喩的に言うと、人の名前に「日本人」とか「人間」とか「男」とか、そういう名前を付けるようなものだ。何が何だか、わからなくなってしまう。  (^^);
 ちなみに、豚インフルエンザのことを「新型インフルエンザ」と称しているのは、世界中で日本だけであるようだ。(英語圏では swine flu と称する。私もまた「豚インフルエンザ」と称する。)
posted by 管理人 at 19:43| Comment(0) |  感染症・コロナ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ