2009年06月02日

◆ 中国と米国の News

 中国で …… 感染しても症状のない例が見つかった。
 米国で …… 感染者が急増している。
          夏になっても感染者が出る、という特性があるという。

    ( ※ 本項は、ニュースの紹介です。)
 ──

 2009-06-02 のニュースを三つ。

 中国で

 症状のない感染者が現れたという。
 《 新型インフルエンザ、症状が全くでない感染者も 》
 広東省疾病コントロールセンターによると、先日発見された2例の新型インフルエンザについて、密接に接触した人たちへの検査を行うなかで、新型インフルエンザの感染は認められたものの、インフルエンザの症状が全く見られない人がいたことがわかった。京華時報の報道。これにより、国内外の専門家が指摘していた「陰性のインフルエンザ患者」の存在が証明された形となる。
 この感染者は全くの健康状態で、何の症状も出ていない。そのため患者とすることはできず、新型インフルエンザ患者の統計にも入っていないという。
 今回このようなケースが見つかったことで、ウイルスの伝播が気づかないうちに拡大している可能性もあるとして専門家の間では危惧する声が聞かれている。
( → 中国ニュース

 米国で

 (1) 感染者数が急増
 米国では感染者数が急増している。
 《 新型インフル、米で1万人超 》
米疾病対策センター(CDC)は1日、新型インフルエンザの感染者数が5月29日の前回集計時点より1078人増え1万53人になったと発表した。
 米国の死者は 19人となった。
( → 読売新聞 2009-06-02
 ちょっと不思議に思えるかもしれないが、米国と日本は事情が違う。モンスーン気候の日本は、もはや夏のような高温多湿の気候だが、米国はまだ結構肌寒いところもあるし、空気は乾燥している地域が多い。

 ( ※ ついでだが、メキシコというのは、国土の大半が乾燥地帯だ。また、高地にあり、気温は低い。……一部の低地を除いて。)

( ※ 米国は、感染者が1万人で、死者が 19人となったそうだが、それでもパニックになっていませんね。日本とは大差。)

 (2) ウイルスの活動性が高い(?)
 記事の趣旨 :
 豚インフルエンザは、活動性が高いようだ。季節性インフルエンザならば、今の時期には収束しているはずなのに、豚インフルエンザはいまだに活動して流行している。その理由はまったくわからない。
 ただ、推測するに、未感染者が多いからだろう。青年では感染者が少ないという事実がそれを裏付ける。
 Swine flu more active than seasonal flu
 "This virus is circulating much later than the annual flu viruses"
 Typically the number of patients increases during the flu season in the winter months, then declines sharply in May and nearly disappears over the summer.
 "Why it is circulating now is a great question and I don't have that answer," Drew said. "But one reason may be that there's this core of the population that has never been exposed (to the virus). That's something that would account for the fact that it's not affecting the elderly."
( → サンフランシスコ・ニュース
 原文は上のリンクに記してあるが、エキサイトの機械翻訳はこれ。

 《 季節のインフルエンザよりアクティブな豚インフルエンザ 》
 豚インフルエンザ(月曜日に国民の健康職員によって報告される)による状態の最初の2つの死が必ず新種のウイルスが特に危険ですが、季節のインフルエンザよりはるかにアクティブであると判明しているという証拠であるというわけではありません、と伝染病の専門家は言いました。
より多くのニュース
 ロサンゼルスとサンバーナディーノカウンティーの2人の死者が中年の患者に現症にかかわりました。 両方の患者は、先月遅く、死にましたが、彼らの死は月曜日に初めて、報告されました。
 大発生が4月に最初に注意されて以来、疾病対策センターは豚インフルエンザから17の死を報告しています、その数が2人のカリフォルニア死者を含んでいませんが。
 カリフォルニアの国民の健康職員は、状態のだれかが豚インフルエンザで死ぬ前に、それが時間の問題にすぎないと言いました。 だいたい、インフルエンザ(インフルエンザAタイプH1N1の緊張)は比較的温和です、わずかな入院で。
 国民の健康職員は、しかし、すべてのタイプのインフルエンザの症例が今ごろほとんど見えなくなるはずであったと言いました。 代わりに、CDCの職員は、インフルエンザ活動のわずかな増加がここ数週間にあったと言います。
 「このウイルスは年に一度のインフルエンザ・ウイルスよりはるかに遅く、循環します」と、アンSchuchat博士、暫定の次長はCDCの科学と公共の健康維持プログラムのために言いました、記者会見で先週。 「私たちは、それ以上本当にいかなる他の季節のインフルエンザ・ウイルスの多くも見えません。」 「しかし、私たちは、この緊張が循環するのをずっと見ています。」
 CDCと州の国民の健康代理店は定期的にインフルエンザに似た病気が医療を求めている患者の数の動向をおさえます。 通常、患者の数は、冬の数カ月に風邪の季節の間、増加して、次に、5月に急激に減退して、夏の間、ほとんど見えなくなります。
 それは、インフルエンザが冬であり、ウイルスが、より容易に循環する南半球に到着する時です。 そして、インフルエンザは11月頃に北半球に再発するでしょう。
 カリフォルニアと全国的に、厚生省職員はそのままでインフルエンザ事件の数の約2倍をこの時期に典型的に記録しています、CDCに従って。 あらゆるケースをテストしているというわけではありませんが、国民の健康職員は、それらのケースの大部分が豚インフルエンザであると仮定します。
公衆は、より意識しています。
 増加のいくつかが豚インフルエンザをより意識している公衆、したがって、より多くの医療を求めて、および、より多くのテストのためであることは、可能です、とジャニス・ルイ博士(リッチモンドの州のウイルス研究室の医学の疫学者)は言いました。 しかし、それは、今年、場合における上昇について完全に説明しません。
 「インフルエンザを探しているので、確実に、私たちはインフルエンザが見えています。」 「しかし、私は、かなり広範囲の活動がまだあると信じています。」と、ルイは言いました。 「インフルエンザは本当に予測できません。」 この新しい小説ウイルスは夏の間中続くでしょうか? または、それは、すぐ、遠ざかって、次に、南半球に現れて、次に、秋に(ここから)現れるでしょうか? 「私は、CDCさえ答えを知らないと思います。」
 確認された1万以上か豚インフルエンザに関する可能性例が合衆国で確認されました、CDCに従って。 カリフォルニアには、802の確認されたかありえそうな豚インフルエンザケースがありました--州の国民の健康部に従った湾岸地区のそれらの143。
普及は非定型的です。
 ラリー・ドリュー博士(UCSFウィルス学研究室の代表)は、5月中旬以来彼が積極的なインフルエンザのサンプルを見ていないと言いました、そして、彼は通常、彼の研究室が湾岸地区での活動の良いバロメーターであると言い足しました。 彼は、南カリフォルニアが当分の間ウイルスのほこさきを産出しているかもしれないかどうかと思うと言いました。
 それが湾岸地区現象でなくても、ドリューは、国の残りにおける豚インフルエンザの進行中の普及は確かに、季節のインフルエンザで非定型的であって、研究する価値があると言いました。
 彼は、活動が若年層が豚インフルエンザに特に傷つきやすくなるように思える事実に関連するかどうかと思いました。 5と24歳の間には、およそ合衆国で感染しているものの2/3がありました、CDCに従って。 それは可能です、と伝染病の専門家が言って、そのより古い民族は、何らかのポイントのウイルスに露出されて、何らかの免疫をそれに確立しました。
 「それが現在循環している理由は重要な問題です、そして、私には、その答えがありません。」と、ドリューは言いました。 「しかし、1つの理由は、一度も露出されたことがない(ウイルスに)人口のこのコアがあるということであるかもしれません。」 「それは、年配に影響していないという事実を説明する何かです。」
 
posted by 管理人 at 19:32| Comment(0) |  感染症・コロナ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ