2009年05月25日

◆ どう ふるまうべきか (何をなすべきか)

 豚インフルエンザに対し、どうふるまうべきか? (何をなすべきか?)
 あれこれ対策として、何でもかんでも なすべきか? いや、そうすればパニックに至る。あわてながら、そそっかしく行動してはならない。 ──

 「そそっかしく行動するな」
 「あわてるな」
 というのが、本項の趣旨だ。
 「猪突猛進は、身の破滅だよ」と。
 こう聞くと、「そんなことは当り前だ」と読者は思うだろう。
 なるほど、当り前だ。しかし、その当り前のことを、マスコミは理解できていない。むしろ、逆のことを述べて、「あわてろ」という指針を読者に示す。

 その例が、朝日の記事だ。
 「豚インフルエンザの危険性を認識せよ。その危険性を避けるために、何でもかんでもするべし。猪突猛進せよ。全力を尽くせ」
 という発想のことを述べる。

 ──

 朝日(朝刊・1面 2009-05-25 )に、次の趣旨の記事があった。( → そのうちの一部

  ・ これこれの被害が出た。
  ・ 健康な若者にも重症者がかなり出た。(米国)
  ・ 今後、感染者が何千万人も出れば、重症者も多数になる。
  ・ 重症肺炎を併発して死亡する人も多くなるだろう。
  ・ (これほどにも大変な病気なのだ。)
  ・ 「弱毒だから何もしなくていい」ということにはならない。
  ・ 多くの努力をしよう。仕事を休んだり、あれこれしたり。
  ・ 心がけが感染拡大を抑え、重症者や死者を減らす。
  ・ (だからもっと心がけよう。大変だと大騒ぎしよう。)


 カッコ内が二つあるが、これは私の追加した文章だ。その直前の1行について、示唆しているところを明文化している。
 それ以外は、記事の通りである。(文章は少し違うし、話の順序も少し違うが、話の内容は歪めていない。)

 ──

 講評。

 記事の趣旨は、おおむね正しい。ただし、カッコ内のようなことが示唆されているところだけが、決定的におかしい。
 では、正しくは?

  ・ (これほどにも大変な病気なのだ。)
  ・ (だからもっと心がけよう。大変だと大騒ぎしよう。)

 というのが、記事の趣旨だ。このうち、
  ・ (これほどにも大変な病気なのだ。)

 という点はいい。だが、そのあとで、
  ・ (だからもっと心がけよう。大変だと大騒ぎしよう。)

 というのは、間違いだ。むしろ、逆を示すべきだった。次のように。
 「いくら大変だとしても、そのすべては、季節性インフルエンザと同じである。あわてるな」


 ──

 そうなのだ。たくさんの重症者や死者が出るということは事実だが、それは季節性インフルエンザと同じなのだ。その他、「日ごろの予防の心がけが大切だ」というような主張も、季節性インフルエンザの場合と同じなのだ。
 なのに、記事はあえてセンセーショナルな書き方をしている。

 どうせなら、もっと冷静に書くべきだ。「冷静であれ」という方針のもとで、次のように書くべきだ。
  ・ 重症者は多数出ているが、季節性インフルエンザと同様だ。
  ・ 重症者のほとんどは、死なない。タミフルなどが効くからだ。
   その点、季節性インフルエンザよりも、危険性が低いくらいだ。
  ・ 既存の病人や虚弱者は、死ぬこともあるし、死者は多数出るが、
   それは季節性インフルエンザと同様だ。
  ・ 健康な若者でも、稀に死ぬこともあるだろうが、その数は
   ごく少ない。落雷による死者数みたいなものだ。


 ──

 だから、得られる結論は、
 「これは、すごく危険な病気だから、重大な決意で対処しよう」
 ということではなく、
 「これは、季節性インフルエンザと同じような病気だから、毎年の場合と同じように対処しよう」
 ということだ。(ちょっとは念入りに対処してもいいが、対処を根本的に変える必要はない。そもそも、その対処は、豚インフルエンザに対しても、季節性インフルエンザに対しても、同じようになすべきことだ。)

 なのに、豚インフルエンザについてのみ、
 「ものすごく大変な病気だと意識しよう」
 と語ることは、必要ないし、かえって有害なのだ。そんなふうに語れば、世間はパニック騒ぎになる。
 現実にも、パニック騒動が起こった。「一斉休校」という間違った措置も取られたし、「感染者を犯罪者扱いする」という騒動も起こった。
( 例。  → Yahoo ニュース 「洗足学園への中傷電話」)

  ────────────

 以上から、どんな教訓が得られるか? こうだ。
 「善良であろうとするな。合理的であろうとせよ」

 その逆が朝日だ。しきりに善良であろうとするが、善人ぶったあげく、合理性を失う。

 具体的に言おう。冒頭の豚インフルエンザの話題に戻る。
 朝日の記事は、「危険だ」と騒いだあとで、「危険を避けるために、何かをなしたい」と考える。
 なるほど、そこには、善意がある。しかし、合理性がない。つまり、朝日は、「何かをなしたい」と考えるが、「何をなせるか」ということを考えないのだ。
 そこには、「できる範囲でなす」という発想がない。できることであろうと、できないことであろうと、何でもかんでも、やたらとなそうとする。自分のやりたいことばかりを、声高に主張する。
 それはちょうど、聞き分けのない子供と同じだ。「あれがほしい、これがほしい」と、やたらと要求する。「買えるものは限られている」ということが理解できない。「何かをなしたい」とは考えるが、「何をなせるか」を考えない。

 ──

 その結果は? 「何もしないよりは、(何でもかんでもとにかく)何かをした方がいい」という発想だ。その結果、正しい方向に進むのではなく、とんでもない方向に突っ走ることになる。

 例。
 道に岩がある。先に進めない。では、どうするか?
 「何でもいいから、とにかく何かをなせ」
 という発想を取ると、次のようなことをする。
  ・ 強引に岩にぶつかる。(大ケガ)
  ・ 道からはずれて、道の左右に飛び出す。(落ちて死ぬ)
  ・ 穴を掘る(無意味に消耗する)


 この三つの例のようなことをするのは、馬鹿げている。
 まともな人間ならば、なしえないことを「なそう」とは思わないものだ。
 「先に進めなければ、そこで立ち止まろう
 と思うはずだ。そして、それが正解だ。

 立ち止まれば、現状よりも改善することはできない。だが、現状より悪化することもない。何らか意味で、少しぐらいは損をするかもしれないが、だとしても、損失を最小化することができる。……それが冷静な判断というものだ。
 ところが、愚か者は、それが理解できない。「現状ではじり貧だ」と思ったあげく、やみくもに突っ走る。そして、その結果は、上記のように、破滅に至る。

 ──

 結語。
 「善良であろうとするな。合理的であろうとせよ」

 これが大切だ。

 《 補足 》

 善良である愚か者は、合理的である悪人よりも、かえってタチが悪い。
 合理的である悪人は、社会のダニのようなものであるから、社会から病原菌扱いされて、社会の免疫機構によって配除されるだろう。
 しかし、善良である愚か者は、社会の脳に寄生して社会に脳炎を起こし、社会を暴走させ、社会を自殺させる。……それがパニックに駆り立てるということだ。
 危険なのは、インフルエンザそのものよりも、社会に脳炎を起こすマスコミなのだ。朝日のようなマスコミは、豚インフルエンザよりもはるかに危険なのである。



 [ 付記1 ]
 マスコミは物事をきちんと評価して報道するべきだ。
 なるほど確かに、インフルエンザは危険性がある。若者の命を奪うこともある。しかし、それを言うなら、もっと危険なものはいくらでもある。
 先に、「落雷による死者数みたいなものだ」と述べたが、これよりも危険なものは、世の中にたくさんある。
 たとえば、交通事故だ。交通事故による若者死者数は、インフルエンザによる若者死者数を、はるかに上回る。だったら、どうせキャンペーンをするなら、そっちのキャンぺーンでもしていればいい。たとえば、
 「高速道路の無料化があっても、家に閉じこもっていましょう」
 「ハイブリッド車を買っても、運転をやめましょう」
 「特に、バイクは絶対にやめましょう」
 こういうキャンペーンでもした方がいい。その方がずっと死者数を減らせるはずだ。
( ※ もっとも、そういうキャンペーンをすると、新聞の部数は増えるどころか減るだろうが。   (^^); …… マスコミの本音がどこにあるか、わかりますね。彼らは悪魔と同じ。金儲けのためには、手段を選ばず。)

 [ 付記2 ]
 「金儲けのためには、手段を選ばず」
 というのは、まんざら誇張ではない。上記の朝日の記事は、実は、嘘記事なのだ。下記の箇所。
  WHOの感染症地域アドバイザーだった東北大の押谷仁教授は新型について「『弱毒』だから何もしなくていい、そんなウイルスでは決してない」と訴えている。
( → asah.com
 これは、一読して、おかしい。
 WHOの専門家が、そんなふうに「大騒ぎをしろ」と促すはずがない。「冷静であれ」と促すはずだ。
 「変だな」と思って、別のサイトを見ると、真相が判明した。
  → 日経の詳しい記事
 つまり、ご本人は、「季節性インフルエンザ並みにきちんと対策せよ」と言っているだけだ。その一環の一部で、「何もしなくていいというわけではないし、ちゃんと対策を取ろう」という話はあるだろう。
 だが、(朝日がインタビューをして得た)長い談話のうちの、特定箇所だけを抜き出して、「訴えている」というふうに記者が勝手におおげさに表現するのは、ひどすぎる。
 そもそも、発言者の趣旨を自分勝手につまみ食いしすぐている。本人の話を勝手につまみ食いして、本人の趣旨を故意に歪めて、センセーショナルに書く── そういうことを、朝日はしばしばやる。
 朝日はこういうふうにイエロージャーナリズムみたいなことをするのを、やめるべきだ。ほとんど「捏造」に近い。

 [ 付記3 ]
 朝日のこういう体質は、「太陽光発電」という例でもしばしば見られる。
 「善良であろうとするだけが、合理性を見失う」
 こういうことのオンパレードだ。この件は、何度も指摘したとおり。
 
posted by 管理人 at 20:24| Comment(0) |  感染症・コロナ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ