2009年05月20日

◆ 日本疾病対策センター

 「欧州疾病対策センター(ECDC)」および「米疾病対策センター(CDC)」に準じて、「日本疾病対策センター(JDC)」を設置するべきである。
 パンデミック対策には、このような組織が必要なのに、日本には存在していない。それゆえ、設置するべきだ。
 詳しくは下記。(前項)

   → パニックと司令センター


 [ 付記 ]
 現時点では、「日本疾病対策センター」に相当する役割を果たしているのは、本サイトかもね。  (^^);
 実際、政府やマスコミや専門家に先んじて、次に取るべき指針を示しています。過去ログを見ればわかるとおり。

 [ 余談 ]
 ついでに、余談としての話。

 今回のパニック騒ぎで、パニックを鎮静化するために最も有効だったのは、何か? 皮肉だが、Google であるようだ。
 Google はあらゆる情報を偏見なく紹介する。パニックのさなかでも、ちゃんとした情報をきちんと紹介する。そのおかげで、私の見解もまた、ネット上に出回る。それを読んだ人々は、正常化のための知見を得る。
 「医者は診察拒否するのが正当だ!」 
 などと医者が喚いているときに、それを批判する声がちゃんとネットに出回る。
 こういうことにおいて、Google は役立った。……ただし、Google が利口だったからではない。Google が何も考えないで、機械的に処理したからだ。
 世間がパニック状態になっているときには、機械的な冷静さの方が、人間よりも役立つことがある。「人間よりも機械の方が賢い」ということは、たまに起こる。……人間がパニックになって愚劣になっているときには。
posted by 管理人 at 19:15| Comment(0) |  感染症・コロナ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ