2009年01月30日

◆ パンデミック・ワクチン

 新型インフルエンザ(パンデミック)への対策としては、英国製のワクチンが効く、という話を書いたことがある。半年ほど前。
 しかし、その後、ワクチン実用化に向かって進展がないようだ。 ──

 前項では、タミフル、リレンザ、万能ワクチンの話をした。そのいずれも、あまり有効ではない。
  ・ タミフル …… 利用者が多すぎて耐性ウィルスが蔓延。
  ・ リレンザ …… 吸入するという利用法が不便。
  ・ 万能ワクチン …… 研究途上。実験室段階。


 こういう不完全なものより、ちゃんとまともなものがある。グラクソ社のワクチンだ。この件は、前に書いた。
  → 医薬調査の問題(インフルエンザ・ワクチン)

 このワクチンは、欧州では承認されたが、日本では承認されていない。その後、「認可される方向だ」という情報を得て、その旨を記したのだが、それからさらに半年近くたった現在でも、情報に進展がない。
 Google で検索しようとして、「この1年間」という条件のもとで、
  「グラクソ社 ワクチン インフルエンザ 日本」
 という単語で検索すると、見つかったのは、私の項目だ。  (^^);
 要するに、ほとんど情報がない。
 念のため、グラクソ社のホームページに行って、あれやこれやと検索したりして調べたのだが、やはり情報は皆無だ。

 ──

 結局、どういうことか? 
 どうも、グラクソ社のワクチンは、認可される方向になっていない。マスコミも報道すらしない。最良の薬が抹殺されてしまっている。
 なぜか? これも、先の項目で示したとおりだろう。つまり、日本のワクチンは、国産各社で独占されている。だから、外国企業は、参入できないのだ。厚労省が内部で圧力をかけて、外国製品を閉め出しているのだろう。

 よく考えると、ワクチンというのは、ちょっと農産物っぽいところがある。卵の農業団体あたりが圧力をかけているのかも。(規模的には小さすぎる気もするが。  (^^); )
 あるいは、やはり、天下りのせいかも。

 ま、本当の事情は、よくわからない。しかし、一番肝心のワクチンについては、これを使えない状況にある、ということを理解しておいた方がいい。
 タミフルの耐性ウィルスがどうのこうの、万能ワクチンがどうのこうの、という話は、たいして重要ではないのだ。それらの有無で死者数が大幅に増減するわけではない。(どっちみち、当面の死者数にはたいして影響力を持たない。)
 一方、グラクソ社のパンデミック用ワクチンは、死者数に大幅な影響力を持つ。そしてそれが、日本ではちゃんと使えない状況にある。論じるなら、こっちだろう。
 


 [ 付記 ]
 グラクソ社のワクチンのほかに、インフルエンザの新薬もある。現在、いくつかが開発中。詳しくは、下記ページを参照。
  → インフルエンザ薬、国産化・「新型」にも効果期待

 富山化学工業,第一三共,塩野義製薬の3社で、インフルエンザの新薬(タミフルやリレンザの代替品)が開発中だという。近く実用化されそうだ。
 ( ※ ただしいずれも、乱用されて、そのあげく、耐性ウィルスが出回るようになるかも。前項で述べたように。  (^^); )
posted by 管理人 at 19:09| Comment(1) |  感染症・コロナ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
パンデミックに私たちはどのように備えたら良いのか。個人や企業がどう対応すれば良いのか。テレビでは感染者の人数ばかりが報道されています。

アメリカの危機管理について紹介するサイトです。

http://pandemicjapan.web.fc2.com/
Posted by Yasunosuke at 2009年04月29日 23:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ