2009年01月12日

◆ 粒子説の破綻

 コペンハーゲン解釈とエヴェレット解釈について評価しよう。この両者はともに「粒子説」を取った。それゆえ、理屈の破綻が起こったのだ。
(かわりに「場の量子論」を取るべきだったのだが。) ──

 コペンハーゲン解釈とエヴェレット解釈については、これまで述べてきた。
  → コペンハーゲン解釈
  → エヴェレット解釈
 この両者は、どちらも発想が破綻している。では、なぜか? それは、この両者がともに「粒子説」を取っているからだ。換言すれば、「質点の量子論」という立場を取っているからだ。むしろ、「場の量子論」を取るべきなのだが。この件は、前にも述べた。
  → 量子論の根源問題

 結論としては、以上のようになる。以下では、もう少し、事情を説明しよう。

 ──

 コペンハーゲン解釈やエヴェレット解釈では、理論が破綻する。そのことは、すでに述べてきたとおりだ。次のように。
  ・ コペンハーゲン解釈 …… 「重ね合わせ」という奇妙な概念
  ・ エヴェレット解釈   …… 「多世界の存在」という奇妙な概念

 こういう発想は、あまりにも馬鹿らしい。「トンデモ」と言ってもいい。仮に、量子論以外の世界で、こういうことを主張する人がいるとしたら、気違いだと見なされるだろう。
 「あの猫は生きていると同時に死んでいるんですよ」
 「観測が状態を決定するんです。私が猫を見たから、猫は生死が決定するんです」
 「宇宙はたくさん並行的に存在しているんです。ヒトラーは別の世界では死なずに生きているんですよ」

             …… (*
 こんなことを主張するのは、気違いだけだ。なのに、物理学者は、こういう気違いの論理を、平気で主張する。呆れてものが言えない。   (^^);

 ──

 では、なぜ、物理学者は、そういう気違いじみたことを主張するのか?
 それは、そうする以外に、論理が成立しないからだ。論理の矛盾を解決するためには、話の基盤を崩壊させるしかない。そこで、話の基盤を崩壊させてしまう。かわりに、みょうちくりんな原理を導入する。
 「自説の正当性を示すには、重ね合わせという原理が必要だ」
 「自説の正当性を示すには、多世界の存在という原理が必要だ」
 というふうに。

 しかしながら、これは、次のことに相当する。
 「仮説の矛盾を回避するために、思考の基盤を崩壊させる」

 
 つまり、目先の小物を重視するあまり、本質的に大切なものを捨ててしまう、という立場だ。表面的なつじつま合わせをするために、根源的な基盤を崩壊させてしまうわけだ。
 これは、私が何度も批判してきた「つじつま主義」というやつだ。
 比喩的に言うと、「大金がほしいから、自殺することで、生命保険金を得る」というようなものだ。たしかに大金を得ることはできるが、「生きる」という根源的な基盤をなくす。本末転倒というやつだ。
 コペンハーゲン解釈とエヴェレット解釈もまた、こういう罠に陥っている。小さな矛盾を解決するという「つじつま」を合わせるために、根源的な基盤を崩壊させてしまっている。

 ──

 では、根源的な基盤とは? それは、あらゆる科学思想の基盤だ。それは、あまりにも当り前なので、いちいち理論として定式化されていない。とはいえ、哲学の本を読めば、それに類することは書かれているかもしれない。ただ、どっちみち、物理学者はそれを読まないだろう。
 そこで、無知な物理学者のために、私が示しておこう。あらゆる科学思想の基盤とは、いろいろあるが、ここでは特に、次のことだ。

 (1) 世の中には、個物というものがある。個物は、中途半端な値にはならない。たとえば、「1個の人間」は存在するが、「1.5個の人間」は存在しない。人間の個数は小数や分数にはならない。必ず自然数になる。(1個の人間を半分にすると、0.5個の人間が二つできる、というようなことはない。)
 (2) 個物については、存在するか存在しないか、いずれかだ。「中途半端に存在する」ということはない。(溶液ならば濃度というものがあるが、人間というものには濃度というものはない。人間の存在性が半分だけ、というようなことはない。)

 以上のことから、次のように結論できる。
 「存在性を中間値に見なすような『重ね合わせ』という原理は、成立しない。つまり、コペンハーゲン解釈は成立しない」
 「別の世界における中間値として存在性を考えるような原理も、成立しない。また、別の世界で多様に存在性が成立すると見なすような原理も、成立しない。つまり、エヴェレット解釈は成立しない」


 以上のことが、根源的な思考基盤から導き出される。
 逆に言えば、コペンハーゲン解釈やエヴェレット解釈は、根源的な思考基盤を崩壊させることによってのみ、成立する。しかし、そんなことでは、本末転倒というものだ。

 ──

 こういう馬鹿げた結論を回避するために、物理学者は次のように言い逃れる。
 「量子の世界(ミクロの世界)では、日常世界(マクロの世界)の原理が成立しないのだ。ミクロとマクロとでは、まったく別々の原理があるのだ」


 しかし、これもまた、「つじつま主義」というべきものだろう。こういうことを言う連中は、「科学とは何か」ということを、根本的に履き違えている。
 科学とは何か? まったく新しい哲学観を導入して世界を解明することか? いや、それはもはや、ただのオカルトにすぎない。
 「この世界は神の御心のままに働くのです」
 「この世界は幽霊の意思によって導かれているのです」
 「超自然的な霊が世界を動かしているのです」

 こういうオカルトは、もはや科学ではない。なぜか? そこでは根源的な思想基盤が成立しないからだ。それはもはや人間の知的精神を崩壊させてしまっている。
 そして、それと同じことを主張しているのが、現代の量子論だ。
 「ミクロの世界ではマクロの世界とはまったく異なる思考基盤が成立するのです。単にモデルが違うだけでなく、思想基盤そのものが全然違うんです」

 これはオカルト主義そのものだ。こういう方針を取ったならば、もはやどのような合理的な説明も、意味をもたない。論理だけは無矛盾であっても、根源的な思想基盤が崩壊してしまっているのだから、それはもはや
 「ミクロの世界では神様が操作しているのです」
 と語るのも同然だ。馬鹿げている。というか、気違いじみている。(そそして、その気違いじみた発想の結論が、前述の気違いじみた説だ。 → (*) )

 ──

 では、どうすればいいか? 簡単だ。「科学主義」を取ればいい。では、「科学主義」とは? こうだ。
 「根源的な思想基盤はそのままに、(仮説としての)モデルないし理論だけを、新たなものにする」

 
 これが「科学主義」だ。その例は、あらゆる科学に当てはまる。たとえば、次のように。

   《 物理学 》

    ・ 万有引力などの力学
    ・ 電磁気学
    ・ 相対論
   《 天文学 》

    ・ ケプラーの法則
   《 化学 》

    ・ さまざまな化学反応の法則
   《 生物学 》

    ・ 遺伝子という概念
    ・ 進化という概念


 これらはいずれも「科学主義」で説明される。すなわち、次のように。
 「根源的な思想基盤はそのままに、それぞれ、独自のモデルないし理論(仮説)によって物事を説明する」

 こういうことが、あらゆる科学に成立する。

 しかしながら、量子論だけは、別の方針を取った。次のように。
 「量子は粒子と波の双方の性質をもつとわかっているのに、あくまで粒子説にこだわる。そして、粒子説にこだわると、矛盾が起こるので、根源的な思想基盤そのものを崩壊させる」

 なるほど、こうすれば、矛盾そのものは回避される。しかし、それは、本末転倒というものだ。つまり、次のことである。
 「小さな矛盾を回避するために、根源的な基盤を崩壊させる」


 比喩的に言えば、こうだ。
 「 1=2 という式は矛盾である。そこで、この矛盾を回避するために、四則演算という原理そのものを廃棄する」
 なるほど、そうすれば、形式的な矛盾は回避される。しかし、こんなことでは、何をやっているんだか。あまりにも、本末転倒だ。
 
 物理学者もまた同じ。
 「根源的な基盤を崩壊させることで、小さな矛盾は回避されました」
 と自慢する。そして、
 「小さな矛盾を回避できたから、根源的な基盤を崩壊させるべきです」
 と主張する。……それがつまりは、コペンハーゲン解釈やエヴェレット解釈だ。「つじつま主義」の典型。

 ──

 では、どうすればいいか? 正しい態度は?
 簡単だ。科学主義を取ればいい。つまり、量子論において、次のようにすればいい。
 「『重ね合わせ』だの、『多世界の存在』だの、そういう気違いじみた思想基盤は採用しない。かわりに、科学的なモデルないし理論を取る」

 つまり、取るべきものは、新しい思想基盤ではなくて、新しいモデルなのである。そして、それは、普通の科学と同じ方法だ。

 しかしながら現実には、物理学者は、そのことを執拗に拒んだ。彼らは、こう考えた。
 「量子は粒子なんだ。あくまでも量子を粒子と見なすモデルにこだわるべきだ。このモデルこそが絶対的であり、このモデルを捨てるべきではない」


 これはちょうど、「天動説」を信じた人々と同じである。
 「天動説は絶対的に正しい。それによって矛盾が起こるとしたら、矛盾が起こると考えた思想基盤が間違っている。科学的な合理性ゆえに天動説が否定されるとしたならば、科学的合理性を捨てるべきだ。かわりに、教会の宗教を取るべきだ。そうすれば、何も矛盾は生じない。……というわけで、地動説は誤りだ! 天動説こそ正しい!」


 なるほど、論理的にはそれが成立する。思想基盤を崩壊させれば、小さな自説に固執することができる。「天動説」とか「粒子説」のような。
 しかし、そういうことは、あってはならないのだ。小さな自説に固執するべきではないのだ。
 われわれは、根源的な思想基盤を崩壊させるべきではない。としたら、物理学者が執拗にこだわる「粒子説のモデル」を捨てればいいのだ。そして、かわりに「場の量子論のモデル」を取ればいいのだ。

 これが、最終的な結論となる。

( ※ では、「場の量子論のモデル」とは? それは、次項、次々項で示す。)



 [ 補足 ]
 本項で言う「粒子説」は、昔の「粒子説」(量子を純然たる粒子と見なす説)とは異なる。むしろ、「量子を粒子モデルで理解する」という考え方のことを言う。
 現代物理学では、「量子は粒子と波との双方の性質をもつ」というふうに見なされる。しかしながら現実には、たいていの場合、量子を粒子のように扱う。たとえば、二重スリット実験では、
 「一つの電子が二つのスリットを同時に通り抜ける」
 というような表現をする。ここでは、
 「一つの電子」
 という言葉を使うときに、電子を一つの粒子として想定していることになる。(仮に、波として想定するのであれば、「一つの」というような言葉を使わない。)
 この件については、次の「二重スリット実験」の項目で詳しく扱う。
posted by 管理人 at 20:23| Comment(0) | 物理・天文 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ