2009年01月11日

◆ 量子論のトンデモ

 量子論の「コペンハーゲン解釈」について、ひどい間違いをしているサイトがあるので、紹介しよう。一つは、初心者が書いたサイト。もう一つは、Wikipedia だ。 ──

 本項は、前々項と前項の続きである。これらの話では、「正解は何か」を示した。本項では、逆に、「間違いは何か」を説明する。その趣旨で、ひどい間違いを述べているサイトを紹介しよう。

 (1) 無知な初心者

 一つは、初心者のサイトである。
  → http://www.h5.dion.ne.jp/~terun/doc/slit6.html
 ここには、コペンハーゲン解釈の解説として、次の説明がある。
 “電子は、「観測される前は波であり、観測されると粒子になる」”
 “「波」とは、……「確率の波」であり”
 これは、初心者特有の「勝手読み」による誤読だ。(これを書いた人は、物理学の基礎知識がない文系の人なのだろう。たぶん。)

 第1に、「観測される前は波であり、観測されると粒子になる」という説明は、コペンハーゲン解釈の解釈としては、正しくない。現代の物理学では、(コペンハーゲン解釈を含めて)「量子は粒子と波の双方の性質をもつ。(ただし通常は量子を粒子として認識する。)」というものだ。上述の「観測される前は波であり、観測されると粒子になる」というような、「波から粒子への転換」という発想は、超球理論に特有のものだ。勘違いしてはいけない。

 第2に、波としての量子を、「確率の波」と見なすのは、あまりにもひどい勘違いだ。
 「確率の波」というのは、波動関数の解釈だが、それは、「粒子としての量子の存在確率」のことだ。だから、「量子とは、確率の波です」という認識は、「量子とは、量子の存在確率の波です」ということになってしまう。定義の説明のなかに、定義そのものが入ってしまう。ナンセンス。これでは定義になっていない。それどころか、意味の成立しない、ナンセンスな文章になっている。
 例示的に言うと、こうだ。
 「回転するコインとは何ですか?」 →  「回転するコインの裏表になる確率のことです」
 「晴れとは何ですか?」 → 「晴れになる確率のことです」 
 馬鹿げた話。こんな定義をする人は、頭がおかしい、と見なされそうだ。
 要するに、上記のサイトは、超初心者である。ど素人。量子力学というものを、勝手に誤読している。もし量子力学のテストがあったら、零点になるのは間違いなし。ひどいものだ。量子力学をちゃんと学んだ人なら、こんなひどい間違いをしないものだが。

 なお、このような初心者の間違いは、しばしば見られる。だから、いちいち批判する必要はない。「また無知な文系の阿呆がいる」と放置すればいいだけだ。原則として。……しかしながら、このサイトは、Google では私のサイトよりも上位に来る。(現時点で。)
 とすれば、何も知らない中高生が、上記のサイトを読んで、量子力学について間違った知識を仕入れかねない。それは困る。だから、本項では、あえて批判をした。

 (2) Wikipedia

 もう一つの間違いサイト(ページ)は、Wikipedia の「コペンハーゲン解釈」の項だ。
 そもそも、初心者が間違えても、Wikipedia あたりがまともな解説をしていれば、あまり問題はないはずだ。しかるに、Wikipedia 自体が、現時点( 2009-01-12 )では嘘八百を書いている。次のように。
 「コペンハーゲン解釈では、量子は空間的に広がりを持つ」


 バカ言ってはいけない。「コペンハーゲン解釈では、量子は空間的に広がりを持つ」ということはない。逆に、「空間的に広がりをまったくもたない」のだ。それが「局在する」という意味であり、「粒子である」という意味だ。
 そして、「粒子である」からこそ、「少しずつ稀薄に存在する」(物が稀薄なのではなく、存在性が稀薄である)という意味の原理が採用される。それが「重ね合わせ」の原理だ。
  ・ 局在するものが、稀薄に存在する。(粒子の重ね合わせ)
  ・ 稀薄に遍在するものが、まさしく存在する。(波である)

 この二つは、正反対のことだ。なのに、Wikipedia は、この双方を混同している。量子の局在説を取るコペンハーゲン解釈を、量子の遍在説を取るかのごとく記述している。
 こういうふうに、Wikipedia でさえ、事実とは正反対のデタラメを書いているのだ。
( ※ 「空間的に広がりをもつ」という言葉に主語を付けるとしたら、「量子」や「粒子」ではなくて、「存在性の分布」である。比喩的に言おう。人間は一箇所に局在するが、人間の存在性の分布は広い領域に渡る。このように、存在性は、広い領域に渡ることが可能だ。しかし、だからといって、一人の人間が「空間的に広がりをもつ」わけではない。…… Wikipedia は、ここを勘違いしている。つまり、「一個の量子」と「存在性の分布」とを、勘違いしている。それというのも「重ね合わせとは何か」を、ちゃんと理解できていないからだ。おおかたの物理学者の理解なんて、この程度のものである。)



 【 補説 】

 もうちょっと説明しよう。わかりやすい説明で。
 コペンハーゲン解釈では、「白と黒とが半分ずつ成立する」というふうになる。一方、超球理論では、「(中間濃度の小さな)灰色が広く存在する」というふうになる。この二つはまったく別のことだ。(前者は存在性が中間的で、後者は性質が中間的。)
 回転コインで言えば、コペンハーゲン解釈では「(倒れたコインの)裏と表が半分ずつ成立する」というふうになる。超球理論では、「(倒れていないコインの)裏でも表でもない状態(回転状態)が成立する」というふうになる。この二つもまったく別のことだ。
 Wikipedia の記述は、両者を混同している。要するに、「コペンハーゲン解釈とは何か」を理解できていないのだ。呆れた話だが。

( ※ なお、コペンハーゲン解釈では、白または黒という明白なものがあって、その存在性が中間的になる。超球理論では、存在性は明白だが、その性質が中間的になる。……前者は特殊な哲学認識を用いるが、後者はただの科学的認識だ。)
( 前者では、「半分だけ存在する」という哲学認識を用いる。それは非常に奇妙な哲学認識だ。このことを皮肉ったのが、「シュレーディンガーの猫の核心」というページだ。そこでは「半分だけ結婚するなんてできないよ」という皮肉話を述べている。とはいえ、「半分だけ好き」という認識は、別に悪くはない。要するに、「好き」という気持ちについては「半分だけ」が可能なのだが、「結婚する」という行為については半分だけはできない。……こういう違いをまともに理解できていないで、「半分だけ存在する」だの、「半分だけの死」だのを考えるのが、コペンハーゲン解釈の認識だ。馬鹿馬鹿しい。)
 


 [ 余談 ] (特に読まなくてもよい。)
 本項では「トンデモ」という言葉を使ったが、特定の誰かを批判することを目的とはしていない。(その点では、「あいつはトンデモだ!」と攻撃する下品な連中とは意図が異なる。)
 本項の意図は、世間の人々に向かって、「間違った説明を信じてはいけない」と啓蒙することだ。そして、正しい説明を示すことだ。
 批判するか否かということであれば、特に誰かを批判する意図はない。(1) のサイトにしても、この人だけが特に間違えている、というわけではない。同様の間違えをする初心者はいっぱいいるはずだ。だから、「右代表」という感じで、「初心者の代表」になってもらっただけだ。(有名税みたいなもの。仕方ないですね。)
 愚かなのは誰かと言えば、特に上記のサイトの人だけが愚かなのではない。Wikipedia の執筆者もそうだし、それを読んでも間違いに気づかない大多数の人々もそうだ。というか、コペンハーゲン解釈の提唱者そのものからして、相当におかしい。
 つまり、多くの人々がよく理解できないとしたら、
 「正しい説をちゃんと理解できない」
 のではなく、
 「もともと変な説をちゃんと理解できない」
 だけなのだ。普通のトンデモとは異なる。本質的なトンデモは、物理学者全体かもしれない。「重ね合わせ」なんていうメチャクチャな屁理屈を平気で受け入れているのだから。
 「もともとトンデモである学説」を初心者がまともに理解できないとしても、それは、初心者のせいではあるまい。物理学の世界では、トンデモが主流派を乗っ取ってしまっている。そうなると、世の中、滅茶苦茶になってしまうのだ。
 だから、「量子論のトンデモ」という言葉で意味しているのは、(1)や(2)ではなくて、大多数の物理学者全体だ、というふうになるかもしれない。皮肉なことだが。
posted by 管理人 at 17:28| Comment(0) | 物理・天文 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ