2008年11月25日

◆ 正しい資源節約の方法

 「レジ袋の有料化は無意味だ」と先に述べた。
 では、正しい資源節約の方法は? それを具体的に示す。 ──

 「レジ袋の有料化は無意味だ」と述べた。そんなことをしても、資源節約はできない。ただの精神運動にすぎない。
   → 「レジ袋の有料化2」
 では、かわりにどうすればいいか? 

 レジ袋の有料化という方針は、次の原則に立つ。
 「目に見えるものを減らす」
 「手に触れるものを減らす」

 これは、一言で言えば、「猿の方針」である。猿は頭がないから、「目に見えるもの」「手で触れるもの」しか認識できない。

 しかし人間ならば、もっと広い物を認識できるはずだ。すると、次の原則を取ればいい。
 「実効性のある方法を取る」
 「現実に資源を節約する方法を取る」

 この方針のもとで、次の方針を取ればいい。
 「最も浪費するものから順に節約する」

 つまり、3グラムぐらいのものを節約するより、その何十倍か何百倍か何千倍かを、一挙に節約すればいい。
 目立つものより、効果の大きいものから、順に節約すればいい。

 このことから、次のような具体的な例を示せる。

 ──

 (1) 自動車燃料

 自動車燃料の節約が最も効果的だ。何しろ、1トン以上の自動車を何十キロも動かすのだ。その仕事量は大変だ。エネルギーは大量に浪費される。
 低燃費の自動車に買い換えることも大事だし、また、無駄なドライブをしないことも大切だ。
 さんざんドライブで石油を無駄にしている人が、レジ袋を何枚か節約しても、何の意味もない。(これを理解できない計算音痴が多すぎる。)

 (2) 冷暖房

 家庭では、冷暖房の節約が大きい。特に、夏の冷房は大きい。原発の稼働率は、平均して4割ぐらいだが、夏期に限れば、増分はまるまる火力発電である。原発の分は固定されており、増えた消費量はまるまる石油の燃焼でまかなわれる。ここを節約することが大切だ。
 最近では、冬季も、夏と同じぐらいの電力需要がある。電気暖房が増えたようだ。これも節約の対象となる。

 (3) 温水

 温水もかなり重要だ。次のようなもの。
  ・ 電気ポット
  ・ 温水便座
 特に、電気ポットは、かなり電気を食う。(最新型の高級機だとそうでもないが、やたらと高価である。)
 昔ながらの真空式のポットにすれば、かなり節約できる。また、便座自体を暖めるのはやむを得ないとしても、お尻の洗浄に(紙の代わりに)温水を使うのも電気の浪費となる。
 やめろ、とは言いませんけどね。お尻が Ji の人もいるし。ただ、意識はしておいていい。
 ついでだが、お風呂もある。電気でなくガスになりそうだが。これで、追い炊きをすると、かなりガスを食う。家族そろって、ほぼ同じ時間に入るのが大事。誰かが一人だけ夜更かしすると、ガスを無駄にする。(私のことだ!  (^^); )

 (4) 照明

 照明も、結構電気を食う。ただし、これは、目に見えるので、わかりやすい。しばしば「電気を消しましょう」と奨励される。

 (5) その他

 細かい電力は、節約しても意味がない。
  ・ 5ワットの常夜灯
  ・ 便所の電気(ごく短時間)(白熱灯?)

 こんなものを節約しても、ただの精神運動にしかならない。レジ袋も同様。

 ──

 上記では、上のものほど、重要性があり、下のものほど、重要性がない。
 しかし、現実には、上のものは無視され、下のものばかりが重視される。

 猿知恵?
posted by 管理人 at 17:37| Comment(5) | エネルギー・環境1 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「低燃費の自動車に買い換えることも大事」

 経済活動、企業の利益に直結する事なので資源節約と同等の重要性が有るのだが、トータルな資源節約の考察が必要だ。
 今の車の燃費は5Km/L、それを20Km/Lの車に変える事は省資源だが、20Km/Lの車を作る資源量又はエネルギー消費量はどの位か?
 燃費20Km/Lの車を作る為の(正確には消費者に渡るまでの)エネルギー消費量とその車の寿命及びその間に節約されるエネルギー量を天秤に掛ける必要がある。
 企業秘密のベールに覆われているが「低燃費」を謳う車は多々あるがそれを作るエネルギーを考えに入れないので有れば、「猿の方針」だ。

 何処かの会社のコマーシャルで「エコ買い換え」のコマーシャルを行っていたが、エコの隠れ蓑を着た資源浪費に思えてならない。
Posted by OnPapa at 2008年11月25日 18:41
OnPapaさんに同意
「エコ買い」とか宣伝している会社とか山手線で「エコなんたか」と宣伝している最近社名を変えた会社とか、全く「木を見て森を見ず」の状態を悪用していますよね。

以前から、最近話題になった「バーチャルウォーター」と同様に製品の製造に掛かる「バーチャルエネルギー」をどの様に計算すれば良いか考えていました。
「例えば、鉄板の原料の鉄鉱石はタダ、それを掘り起こして精錬して鉄板にする為にエネルギー(人力=生活費=生活エネルギー)を消費して、それらのコストが製品価格となる。」
と考えれば、「コスト=エネルギー」と考える事が出来ます。
つまり、「省エネ=節約」と考えればよいと思います。やはり、何事も「節約=もったいない」の精神が肝心だと思った次第です。
Posted by rockwell at 2008年11月26日 08:28
電球のエコ換えがエコ害であることは管理人さんもすでに指摘されておられましたね。(^^)

自動車の買い替えに関しては、前の車は中古車として出回るでしょうから、いきなりスクラップ=エネルギーのロスとはならない気がします。

また、エネルギー=コストが成り立つのであれば、高価格のハイブリッド車などは省エネではないことになりますね。(^^;

低価格(=製造時に低エネルギー)の低燃費車(管理人さんの推奨はミラーサイクル車)を普及させ、研究として次世代エコカーを造るのが良いのかも知れないですね。
Posted by つや at 2008年11月26日 20:31
20年前、「石炭ストーブ」として生まれた竹を燃やせるほど頑丈で、かなり安くて珍しいペレットストーブD2縦型(70,000円)を見つけました。
誰もがタダで、入手できそうな竹をギア式ガーデンシュレッダーで、簡単に自力で自家製竹チップ燃料を製造できれば一番安い上に、全国で拡大している放置竹林の問題も解決しますね。
ダッチウエスト(FA225)だと30万以上するうえに、2〜3年の使用でかなり高い消耗品の交換が必要になりますが、ペレットストーブD2縦型は7万円で二次燃焼室と三次燃焼用の空気取入れ口までついている上に、単純な構造なので消耗品の交換がなくても10年以上使用できるそうです。薪ストーブの購入を、検討されている方がいたら是非教えて上げて下さいね。

竹の生木チップも燃料に出来そうなペレットストーブD2縦型
http://blogs.yahoo.co.jp/itventurecapitalcoltd/21527934.html
おそるべし二次燃焼システム
http://plaza.rakuten.co.jp/shirotori/diary/?ctgy=2
Posted by 超低ランニングコスト自家製竹チップ燃料ペレットストーブD2縦型 at 2009年01月04日 12:39
↑ は、商品宣伝なので、うさん臭い感じがしましたが、そうでもないようですね。
基本的には、廃棄農産物を燃焼させて、熱エネルギーを取る、という原理。
これは、私も前に書いたことがある。
http://openblog.meblog.biz/article/1191826.html

 そのための燃焼用の機器、という位置づけ。
Posted by 管理人 at 2009年01月04日 12:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ