2008年09月08日

◆ リサイクル詐欺(エコキャップ)

 「エコキャップ」は、「リサイクルとワクチン寄付を、同時にできます」というすばらしい触れ込みで、人々の心をつかむ。しかしそれは詐欺師の口上だ。その真の目的は人々をだますことだ。だまされないように注意しよう。 ──

 エコ・キャップ運動は、現在、あちこちで盛んになされている。
 朝日新聞(朝刊 2008-09-15 )でも、紹介された。記事の趣旨は次の通り。
 「ペットボトルのキャップをリサイクルして、途上国のワクチンにする。ワクチンひとり分は 20円。ペットボトルのキャップを 1000個ぐらい集めてリサイクルすると、その費用をまかなえる。リサイクルで途上国の援助ができる。すばらしい」

 こう解説して、「皆さん、すばらしいことをやりましょう」とPRする。
 しかし、この運動は詐欺的行為だ。なぜか? 

 ──

 たったの 20円の金を得るために、人々をして莫大な手間暇をかけさせる。しかも、回収品を送付するために、多額の送料をかけさせる。クロネコヤマトで送れば、最も近県へ最低量でも 740円。人々に 740円を払わせて、20円の数倍程度(たとえば 100円)のキャップ利益を途上国に送る。
 つまり、人々は 740円を払うのだが、そのうちの 640円は消えてしまい、残りの 100円だけが援助に使われる。差額の 640円は詐欺にあったも同然だ。
 このように多額の送料がかかるということは、人々から指摘されているし、そのことは記事でも記述してある。しかしそれでも主宰者は「エコになる」と強弁している。だが、とんでもない。宅急便などでキャップを送付すれば、そのために石油が消費される。そのために消費される石油の量を考えれば、キャップ分の石油のあらかたは消えてしまう。(だからこそ宅急便の価格はかなり高いわけだ。もちろん人件費も込みだが。)

 要するに、全然、エコになっていないし、援助にもなっていない。だったら最初から人々が 100円だけ寄付する方が、よほどマシだ。そのためには、郵便振替でもいいし、切手の送付でもいい。お手軽にしたければ、「24時間地球を救う」などのキャンペーンでコンビニに行って寄付するのでもいい。とにかくコストをかけずに途上国援助する方法はいくらでもある。
 しかるに、上記の方法では、多大な無駄が生じる。
  ・ キャップを送付する宅急便代
  ・ キャップを送付するときの石油
  ・ 莫大な人々の莫大な手間

 つまり、わずか 100円の援助をするために、ものすごい手間と金と資源を浪費しているわけだ。

 ──

 これはほとんど詐欺である。
 ただし、これは純然たる詐欺とは異なる。人々が損をした分は、主宰者のポケットにはいるのではなく、無駄に消えてしまうからだ。金をドブに捨てるのと同じ。(資源の浪費と同様。無駄をしているわけ。)
 では、なぜ、主宰者はこのようなことをするのか?
   → 主宰者団体のホームページ

 実は、これは、主宰者の利益になるのだ。なぜ? 「寄付金」という別ルートによる利益があるからだ。これで儲けている。
   → 主宰者団体の寄付金の収支
 
 しかも、彼らはここで、嘘をついている。寄付金について、
 「ポリオワクチン 44,530人
 と述べている。なるほど、これは計算としては正しい。ただしこれはあくまで机上の計算である。
 「××人」という計算の金は、この金が現実に援助に回されたことを意味しない。現実には、この金の大部分は、事務費になる。つまり、主宰者団体の人件費となる。わかりやすく言えば、主宰者団体の人々のポケットに入る。
(なぜそんなことをするかというと、これは完全に合法的であるからだ。事務費という名称にすれば、詐欺も合法となる。政治献金という名前にすれば、賄賂が合法化されるのと同じ。)

 わかりやすく言おう。
 あなたが詐欺をするとする。「途上国に援助しますよ」と言って、人々から百万円を集める。そのうちの百分の1(1万円)だけを援助に回して、残りの 99万円を自分のポケットに入れる。ただしその名称は「事務費」「人件費」である。……こうして、あなたは「途上国援助」という名目で、詐欺をすることができる。
 ただし、これをあからさまにやると、批判される。ひょっとすると、逮捕されるかもしれない。そこで、オブラートをかぶせる。99万円を奪うのではなくて、9万円だけを奪う。90万円は送料にしてしまう。そして残りの1万円だけを援助に回す。……こうすれば、無駄の大部分は送料になるから、自分のポケットに入れた9万円は目立たなくなる。
 こうして、「途上国援助」という名目で、詐欺をすることが可能になる。

 ここで、大切なポイントがある。
 90万円の無駄をさせるために、「リサイクル」という名目でだますのだ。
本当は全然リサイクルになっていないし、運送や分別のためのエネルギーの方がリサイクルされるエネルギーよりも多いぐらいなのだが、とにかく、「リサイクル」という名目を使えば、人々はだまされる。そこで、人々に 90万円分の浪費をさせて、1万円分の資源回収を実現させる。( 90対1だから、あまりにも非効率な資源回収だ。資源回収というよりは浪費ですね。)

 で、何でまたそういう無駄なことをするかと言えば、人々をだますためである。「これは善行である」とだますためだ。
 そして、なぜそういうふうにだますのかと言えば、人々から9万円をだまし取るためだ。「事務費」「人件費」という合法的な名目で。

 これが「リサイクル詐欺」である。
 あなたが詐欺をしたければ、リサイクル詐欺をするといいだろう。やればやるほど、資源は浪費されるが、自分だけは儲けることができる。しかも、朝日が「すばらしい善行」と称賛してくれる。

 では、その意味は? 「自分だけがほんのちょっと得をして、社会全体が大損をする」ということだ。たとえば、人々は、キャップを取るということのために、ものすごい手間をかける。人生を奪われる。(「時間泥棒」に時間を奪われるようなものですね。)
 そして、その本質は、「だます」ということだ。ここでは、人々の嫌がることをなすのではない。人々をだますことで、人々を自発的にそうさせるのだ。いわば自殺させるように。そして、そのことで、こっちが儲ける。
 まるで悪魔のようにすばらしい犯罪的行為だ。(悪魔的だから逮捕もされない。)

 [ 余談 ]
 似た詐欺は、街頭募金でもなされている。
 「恵まれない人々のために募金してください」
 と募金箱を首にぶら下げて、人々から募金を得る。そのうちの百円ぐらいを援助に回して、残りの数千円か数万円を自分のポケットに入れる。それでも、ポケットに入れた金は、「事務費」「人件費」という名目にすれば、合法化される。こうして詐欺が可能になる。
( ※ ただし厳密には、これは合法ではない。路上で募金活動をするには、警察から許可を得る必要がある。一方、警察からの許可証なしで、勝手に募金をしている連中は、すべて非合法だ。)
( ※ 同じことでも、路上でやれば非合法だが、ネットでやれば合法だ。それが朝日の記事にある例だ。

 [ 補足 ]  ( 2009-08-28 )
 新たな情報を得た。
 事務局は、業者を通じて、キャップを収納するボックスを販売している。
 価格は ( 2008-11-27 の時点では 25000円だったが)、2009-08-28 の時点では 6000円程度となっている。
 http://ecocap007.com/boxdown.html

 なお、収支報告によると、集めた金の3分の2だけが寄付金になり、他は事務局の人件費。
 
 結局、こうだ。
「キャップ 800個で 20円分になります。それで人命を救うワクチンを買えます。協力してください。」
「ただし、キャップ 800個を収納するために、6000円のボックスを購入してください。集めたあとは、送料 800円を負担してください。合わせて6800円と多大な労力をかけてください。……そうすれば途上国に、ワクチンを12円分だけ送付できます」

( ※ 「12円」の根拠は、次の通り。キャップ 800個の売却代金が 30円で、そのうち 3分の2にあたる 20円が NPO への寄付金です。NPO が得た金の 6割がワクチン寄付金となります。( → 収支報告書 )つまり、20円 のうち、12円がワクチンとなります。)

   


 【 追記 】
 エコキャップの団体は、
 「集めた金のうちの3分の2を途上国に送ります」
 と述べているが、これはきわめて疑わしい。というのは、活動実績として、途上国に送った金額は記しているが、NPO 団体として当然の「収支報告」を Web 上で公開していないからだ。

 実は、本項を初めて書いたとき(2008年09月08日)には、「収支報告」が Web 上で公開されていた。それによると、全体の3分の2が活動団体の収益となり、全体の3分の1がワクチン団体に支出されていた。(比率が逆である!)

 ところが、いつのまにか、次のように変更された。
  ・ 3分の1が活動団体の収益となり、3分の2がワクチン団体だとPR
  ・ 「収支報告」を Web 上で公開するのを取りやめ

 
 このような変更(寄付比率を3分の1から3分の2に引き上げたこと)は、かなり疑わしい。
 もしかしたらいまだに
  ・ 3分の2が活動団体の収益となり、3分の1がワクチン団体

 である可能性もある。
 
 ただし、だまされる側にとっては、大差はない。だまされる側が奪われる金額も労力も、きわめて多大である。それによって寄付できる金額は、10円であろうが 20円であろうが、大差ない。どっちみち99%以上は無駄に消えてしまうのだ。圧倒的な無駄という点では、無駄にならない部分が、ほんのわずかあろうとなかろうと、大差はない。

 なお、エコキャップ推進協会については、胡散臭い点がもう一つある。それは、寄付金を、ユニセフのような国際団体には寄付していないということだ。ではどうしているかというと、かわりに、次の団体に寄付している。( → 出典
  「認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを 日本委員会(JCV)」
 NPO団体で集めた金を、別のNPO団体(上記)に寄付している。
 なぜ? たぶん、そちらの団体でも、理事たちが甘い蜜を吸っているのだろう。もしかして、NPO団体の間で金のやりとりをして、自分たちが金をちょうだいしているのかもしれない。(収支報告の公開を取りやめたという点からしても怪しい。)
 



 《 補注 》

 本項を読めば、数字によって合理的な判断ができるから、エコキャップ運動の無駄の多さを認識できると思う。
 しかし、一部の人は、精神論で、エコキャップ運動を正当化する。次のように。
 「いくら無駄が多くてもいい。善行をすることが大事だ」
 「エコのために奉仕するという善意は、とても尊いものだ」


 しかし、どれほど善意があるとしても、結果が悪であるならば、その行動は悪なのである。たとえば、新興宗教の信者が、「これは良いことだ」と信じて、新たに信者を勧誘して、貧乏人から何百万円ものお布施をふんだくる、というようなこと。(原理教がそういうことをしていた。)
 こういうことは、結果が悪であるから、それ自体が悪なのである。どれほど善意があるとしても。

 エコキャップ運動は、どれほど善意によってなされても、結果が悪である。そのことがわからない人のために、次の項目を新たに書いた。いまだに「エコキャップ運動は正しい」と思っている人は、ぜひ読んでほしい。
  
  → エコと偽善

 次の項目も参照。
  → エコ詐欺で儲けるには



 《 注記 》
 だまされて、すでにキャップをたくさん集めてしまった団体も、かなりあるだろう。そういう団体に、どうすればいいかを、教えよう。こうだ。
 「団体は、キャップの送料に相当する金額を、ユニセフに寄付する。集まったキャップは、集めた各人に返還する。各人はそれを、家庭ゴミとして廃棄する。」
 これでOK。エコキャップよりも百倍以上も多くのワクチンを与えることが可能になります。

 なお、送金先は、次の二通り。

 (1) 日本ユニセフ
http://www.unicef.or.jp/
 ※ 送金額の 81% が世界ユニセフに送金され、19% は事務経費等に使われる。( → 出典

 (2) 黒柳徹子 (ユニセフ親善大使)
http://www.inv.co.jp/~tagawa/totto/hope.html
 ※ 送金額の全額が世界ユニセフに送金される。事務経費等は黒柳徹子が負担する。

 ☆
 上記のサイトを見ればわかるが、日本ユニセフの方がずっと立派でカッコいいサイトだ。これを見て、「おお、すばらしい」と思う人がいっぱいいるだろう。だから、たいていの人は、日本ユニセフに寄付する。ただし、宣伝費がいっぱいかかるので、2割は宣伝費・事務経費に消えてしまう。
 一方、黒柳徹子のサイトは、他人任せで、自分は何もしない。事務経費は最小限に抑えている。そのせいで、あまりにもみすぼらしいサイトになっている。
 どちらを通じて寄付するかは、お好みでどうぞ。
( ※ 黒柳徹子を信頼できない人もいるかもしれないが、私は信頼できると思う。なぜなら、理由は三つ。第1に、もともと金持ちである(らしい)こと。第2に、長年のボランティア実績。第3に、未婚で子供がいないこと。……このうち3番目が決定的だ。子供がいなければ、世界の子供をわが子のように扱う。わが子を犠牲にする母親などはいない。このことが理解できない男がいたら、その人は女というものをまったく理解していない。はっきり言って、女にとっては、夫や恋人よりもわが子の方が圧倒的に大切なのだ。わかります?)




 【 補足 】

 (1) イオン (ジャスコ)
 イオンは「ペットボトルのキャップでワクチン」というキャンペーンをやっている。
 エコキャップの団体を通すことなく、イオンが自主的に廃品回収業者にもっていって、換金する。キャップ 2000個で、ワクチン1名分。
  → http://www.aeon.info/environment/petbottlecap/

 このページを見ると、面白い記述が見つかる。学校などで集めたキャップを大量に持っていくのはお断りだそうだ。あくまで一人一人が自分でもっていく必要があるという。(上記ページの最後。)
 これはどういうことか? 「キャップの運送料を考えると、やればやるほどイオンは赤字になる」ということだ。具体的に言うと、4000万個を集めて、2万円ぐらいのワクチン代を得ることができたが、そのための運搬費は2万円どころか 50万円ぐらいになるから、やればやるほどイオンは大赤字。だから、「大量にキャップを持ってこられては困る」ということなのだろう。

 では、なぜ、イオンは「2万円のワクチン代を集めるために、50万円もの運送代をかける」ということをやっているのか? 
 簡単だ。ワクチンを送ることが目的ではないからだ。かわりに、客寄せをすることが目的だからだ。
 イオンが本当に途上国の人々のためを思うのであれば、たったの2万円の廃品回収代を送るのでなく、50万円の運送費をそのまま途上国に送ればいい。しかしそれでは、客寄せにならない。
 一方、イオンが 50万円の運送費を払えば、途上国の人々はたったの2万円分のワクチンしかもらえないとしても、イオンに 4000万個のキャップをもってくる人々がいる。一人が 10個持ってくるとして、400万人が店に来る。それらの人々は、「イオンって素晴らしいエコ会社だな」と思って、イオンでいっぱい買物をしてくれるだろう。
 それがイオンの狙いだ。だからイオンは、「大量に持ってきてもらっては困ります。一人一人が持ってきてください」と言うわけだ。……こうして、客寄せの宣伝が成功する。
 つまり、イオンにキャップをもってくる人々は、カモなのだ。イオンにだまされて、キャップを持ってきて、イオンで買物をして、イオンを儲けさせる。カモがネギしょってくるわけだ。
 
 これは、イオンのエコ宣伝商法である。「エコですよ」と宣伝して、客をだまして、大儲けする。善人のフリをして、たっぷり儲ける。
 ただし、これは、詐欺ではない。ただの宣伝である。普通の広告と、大差ない。……その点では、エコキャップが純然たるサギであるのとは、まったく異なる。
( ※ たとえば、あなたは、イオンにキャップを持っていっても、特に損はしない。一方、キャップの送料を自分で負担すると、あなたは損をする。この意味で、エコキャップは純然たるサギだ。一方、イオンは、口先でうまく「エコですよ」とだましてはいるが、あらゆる広告はだますものなのだから、特にイオンだけが悪質であるわけではない。仮に「だますのは悪だ」ということであれば、日本中の企業はすべて悪である。国家も悪である。教師も悪である。聖職者も悪である。……この世の人々は、みんな嘘つきなんだから、嘘つきであることを悪と呼ぶことはできない。イオンもまた同じ。……つまり、[金を奪わない限り] だますことは悪ではない。だまされる方が愚かなだけだ。   (^^);  )

 (2) 学校 (PTA)
 学校 (特に PTA)も、エコキャップの運動をしているところも多い。
   → Google 検索
 このヒット件数の多さには驚くが、それはさておき。
 学校が運動をしている場合は、キャップの運送料を、各人は負担しないで済む。とすれば、やってもいいだろうか?
 この場合、各人は負担しないで済むが、運送料そのものがなくなるわけではない。運送料は、学校( PTA )が負担する。その意味は? あなたがキャップをどんどん持っていくたびに、学校( PTA )の運送料の負担が増える、ということだ。それはつまり、あなたがキャップをどんどん持っていくたびに、あなたが学校( PTA )の金を盗んでいるのと同じことだ。
 正確に言えば、金を盗むのは、あなたではなく、別の泥棒である。しかしあなたは、その泥棒に加担して、その泥棒に金を渡す。したがってあなたは、自分自身では金を盗まなくても、泥棒の加担者である。
 比喩。強盗が銀行の金を盗んだ。その強盗が立ち去るときに、あなたはポンと1円玉を強盗の袋に入れた。……このことで、強盗は1円得をして、銀行は1円損をした。警察はあなたを逮捕した。するとあなたは、「私は自分では盗んではいません」と弁解した。しかし警察は「泥棒の共犯だよ」とあなたを逮捕した。
 それと同じことだ。あなたは学校( PTA )の金を自分では盗んでいないが、学校( PTA )に運送料を負担させることで、あなたは学校( PTA )の金を減らしている。その意味で、あなたは泥棒の共犯者なのである。
 あなたがエコキャップでキャップを運べば運ぶほど、学校( PTA )の金は減る。あなたがエコキャップ運動をすれば、あなたは学校の金を盗む泥棒をしていることになる。自分では善をしているつもりでも、実際には悪をなしているのだ。
( ※ ただし、そのことに気づかない、ということもある。無知ゆえに、知らず知らずして、いつのまにか悪をなしてしまう。無知は罪ですね。)



 【 後日記 】

 いちいちキャップを集めたりするよりも、もっと効率的に募金をする方法がある。パソコンで1回クリックするだけでいい。すると、その広告先の企業が、あなたに代わって1円を寄付してくれる。
 
 → クリック募金(ワクチンなど)
 → クリック募金(難病 or ワクチン)
 → その他の クリック募金(一覧)

      ( ※ ブラウザは、Firefox は無効らしい。)


 ※ 同じように1円を送るのでも、エコキャップで1円を送るには、キャップを 40個も集める必要がある。さらに、送料として、10〜50円ぐらいを負担する必要がある。それだけ負担してようやく1円を送ることができる。
 一方、上記のクリックならば、1回クリックするだけで 1円を送ることができる。
 あちこちで乞食みたいに ゴミあさり をするくらいなら、1回クリックしましょう。



 【 後日記 】

 寄付や慈善が目的でなく、エコが目的であるならば、最善の方法はデポジットである。「エコのため」と思うのであれば、「デポジット制を日本でも導入せよ」と唱えるべきだ。たとえば、1個5円ならば、ボトル 2000個で 1万円になる。その効果は圧倒的だ。
 具体的な導入例は、下記サイトにある。興味深いので、一読をお勧めする。
  → デポジット制の導入例



 【 関連項目 】
  エコキャップ よりも エコカン
  サーマル・リサイクル
  リサイクル馬鹿
  省エネの指標は努力か?
  省エネという環境破壊
  古紙リサイクルと利権
  ベルマーク・リサイクル
  プルタブ回収はエコでない

  エコ便乗商法 …… 

 ※ このように、同じ穴のムジナはたくさんいる。
 ※ 本項に特によく似ているのは「エコ便乗商法」 だ。
   その後半の 「(2) 有機木綿」では、朝日が本項そっくりの
   デタラメをやらかしている。

 ──

 本項については、同趣旨のことを、あとでまた述べた。
  → ペットボトルのキャップでワクチン? (嘘)

 特に、2010年8月の情報として、下記がある。(重要!)
  → パラリンピック詐欺とエコキャップ
  
 また、エコキャップ推進協会の収支報告は、国が公開しているので、実態がわかる。
  → エコキャップ推進協会の収支報告
 エコキャップ推進協会は隠しているが、これが本当だ。つまり、「3分の2はワクチンになります」と述べているのは、真っ赤なだ。嘘をついて、本当のこと(収支報告書)はこっそり隠している。悪質。
posted by 管理人 at 17:17| Comment(10) | エネルギー・環境1 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
キャップ収集用のBOXを高額で売りつけたりするヤツもいるそうですので注意。
また、割り箸の袋でも同様の詐欺が有る様です。

効率の良さそうなもの
・コンビニで小銭を募金箱に入れる
・郵便局でユニセフ等に送金(確か手数料無料?)
・使用済み切手やカードを教会に寄付

私はどれもやりませんけど...
Posted by 通りがかり at 2008年10月04日 15:36
参考情報

http://blog.fpex.info/archives/2008/09/post_843.html
から引用:

NPO法人 …… 定款によると、役員は報酬を受け取れるとか、会員から会費を取っているとか、キャップを集める容器を4箱24,000円(キャップ100万個分!)で売っているとか書かれています。
Posted by 管理人 at 2008年11月25日 20:02
最後に 《 注記 》 を加筆しました。
送金先として、日本ユニセフと黒柳徹子を示しました。
タイムスタンプは下記 ↓は
Posted by 管理人 at 2008年11月25日 21:51
やる人は、善行に支払う価値があると
納得して行うので詐欺には当たらない。
納得してないならやらなければいいんだから。

自分が送料負担するわけじゃないし、
BOXだって購入するわけじゃないから。
回収ぐらいは協力しますよ。
ごみとして処分されるものを有効活用してるんだからエコといっていいでしょう。
処分するのにも費用がかかっていることをお忘れなく。
地域で資源化業者を見つけて、買い取ってもらうのが一番いいんだろうけどね。
Posted by www. at 2009年04月08日 23:39
> やる人は、善行に支払う価値があると 納得して行うので詐欺には当たらない。

詐欺という言葉を理解していないようですね。
「やる人が納得して行なうようにする」
のが詐欺です。
「やる人が納得しないで行なうようにする」
のは、詐欺ではなく、強盗です。

なお、それを「善行」と呼ぶことは、詐欺的です。嘘ついて、だましているわけですから。

> 自分が送料負担するわけじゃないし、

じゃ、誰が送料負担するのか? その金は天から降ってくるのか? 
小学校などの団体ならば、その団体の経費から支払われます。その団体の経費は、団体員の各人が払います。

表にあって見えるものだけを見て、その裏にある事情に気づかないと、金や労力を盗まれっぱなしになります。それを指摘するのが本項です。

> 地域で資源化業者を見つけて、買い取ってもらうのが一番いいんだろうけどね。

それはエコキャップと同じでしょう。運搬料だけで足が出ます。ガソリン代にもならないでしょう。ガソリンの消費量の方が多いかも。
どうせなら、ご自分でやってみるといいでしょう。無料奉仕で。いや、正しくは、ガソリンを浪費して、大赤字を出しながら。
Posted by 管理人 at 2009年04月09日 19:07
ペットボトルキャップを送料をかけて送ることは、ギフト商品を送るのと同じと考えれば、詐欺的にはならない。
この場で元々、詐欺という言葉は、不謹慎だと思います。

それに、リサイクルと途上国支援・ゴミ削減という事をきっかけにそのような既存の物流網を使うというのは、一つの大きな内需拡大になり、キャップだけを問屋のような拠点を経由して運ぶより直接小包など既存媒体の一部を活用して運ぶ方がCO2の発生量も物品の仕分け・集荷作業も少なく済みます。
Posted by 宝島 at 2009年04月27日 16:21
> ギフト商品を送るのと同じと考えれば

これはつまり、
「ゴミを送ることを、ギフト商品を送るのと同じと考えれば」
ということです。

あなたの言っていることは、論理的には正しい。(偽 ならば 偽)。
しかしそもそも、ゴミはギフト商品ではないのだから、あなたの主張は無意味。

頭がエコキャップ教に洗脳されていますね。洗脳された人間は、真実を聞いても、頭が生理的に受け入れるのを拒否して、真実を理解できません。

ともあれ、あなたが個人的に詐欺に引っかかるのは構いませんが、まわりの人を詐欺に巻き込まないようにしましょう。少なくとも良心があるなら、自分の信じる宗教に他人を巻き込んで、他人に損害をもたらすのはやめましょう。

 なお、あなたが本気でエコキャップを信じているのであれば、人にやらせようとしないで、自分でやるべきです。つまり、
「私はエコキャップをやっています。私のところにキャップなどの資源を、たくさん送ってください」
 と。そうすればあなたのところに全国から山のような資源が集まります。キャップだの、ペットボトルだの、古新聞だのが。およそ1万円分ぐらいのゴミ(資源)が集まるでしょう。そのあと、数百万円の送料を払って、廃棄物再処理施設にそれを送ればいいでしょう。自らのポリシーで。自らの金で。
Posted by 管理人 at 2009年04月27日 19:18
「ゴミを送ることを、ギフト商品を送るのと同じと考えれば」
これは、全く違います!!キャップはゴミではありませんよ!
本当にゴミであれば、メーカーは1kg=10円も12円も出して買いません!
「製品の原料」だから買うのです!
原料をゴミというのは、あまりにも無礼ではありませんか? 
それか、あなただけが、「ゴミ」と思っているだけです。
 それに、ペットボトルキャップは、自然と出て来るもので、言わば、副産物とも言えるでしょう。この副産物は、まだ、原料として使えるのだからまだ活きているのです!
 だから、そのまま捨てることこそ、資源の無駄!有効に活用してくれる所に移動させる事が何故悪いですか? 
ただ、そのようにキャップのリサイクルを批判するなら、あなたが、そのキャップを油に変えたり、ゴミにしないプラスチック製品を作ったり、するべきではないですか?

それに、あなたは、プラスチック製品や石油系プラスチック製品を使わない事が大切だ!と主張したいのだと思うが、あなたは、バスにもタクシーにも電車にも乗らないし、電気も使わないのですか? マイカーにも乗らないのですか?
少なからず、石油の恩恵に与っているはず。
キャップに使われているプラスチックからは、ガソリンや軽油・灯油等の代替燃料が精製出来ます。その燃料は、既に、大手石油精製所が、プラスチック油化燃料を更に精製して、プラスチック原料を作ったり、地元のガソリンスタンドにガソリンや軽油等も供給しています。
批判ばかりしないで、そういう方向で使われるようにあなたも協力すべきではないでしょうか?

それが、ゴミを大幅に削減し、CO2も削減し、地球温暖化を防ぎ、地球の資源の枯渇も防ぐ事になるのです。
Posted by キャップリサイクルサポーター at 2009年05月19日 20:31
> 1kg=10円も12円

だから、ゴミでしょ? それっぽっちの価値しかないんだから。
宅配便では、1kg で 500円〜1000円ぐらいかかります。それだけの運賃を払って、10円か12円しか得られなければ、ゴミでしょ? (石油も浪費するので、ゴミの運搬は大変ですね。)

ちなみに、金属ゴミとか、古新聞とかも、資源ゴミです。資源ゴミはすべて、「1kg=10円も12円」みたいな価値がありますが、どれもゴミです。

それがわからないんだったら、その辺の「燃えるゴミ」や「空き缶」を全部集めてみれば? いずれも価値がありますよ。あなたの燃える理想で、「燃えるゴミ」や「空き缶」を全部集めてくださいね。

あなたのような主張をする人を、昔は「バタ屋」と呼んだものです。あなたが「バタ屋」になるのは勝手ですが、人々を巻き込まないでください。人々は時給 10円ぐらいで満足するあなたとは違うんですから。

昔、原理教。今、エコ原理教。やたらと信者集めに熱心。
Posted by 管理人 at 2009年05月19日 20:54
コメントの受付を停止します。

「ゴミの回収には莫大なコストがかかる」
という単純な事実を(いくら教えられても)理解できない阿呆が多すぎるので。
<!--
10 − 500 = −490

という初歩的な算数が理解できずに、
「プラス 10 です」
と答えるような阿呆が多すぎる。-->
Posted by 管理人 at 2009年05月19日 21:37
  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ