2008年07月30日

◆ 太陽電池つき自動車

 自動車で「ルーフに太陽電池を乗せる」という案がある。しかしこれは、省エネのように見えても、ただの無駄だ。 ──

 「ルーフに太陽電池を乗せる」という自動車は、容易に発想できる。実際、BMWやトヨタは、そういう試作車をすでに制作している。
  → 英語情報1英語情報2 (BMW)
  → ITmedia (トヨタ)

 ──

 しかし、である。通常の太陽電池ならば、「補助金をもらうことで 20年で元を取る」(ペイする)ということが曲がりなりにも成立しそうだが、自動車ではまったく成立しない。なぜなら、たいていの自動車は、青空駐車ではないからだ。
 たいていの高級車は、(車庫の)屋根の下にひそんでいて、陰のなかにある。とすれば、いくら太陽電池パネルのあるルーフがあっても、宝の持ち腐れだ。
 かといって、車庫の外に出して、青空駐車にして、野ざらしにすれば、どうなるか? 太陽光で室内の素材が傷んでしまう。本革などのシートはボロボロになってしまうかもしれない。高級車には致命的。(20年落ちのBMWなどをときどき見ると、シートもプラスチックパネルも、ボロボロである。  (^^); )
 それでいて、高級車でないと、太陽電池ルーフなんていう馬鹿高いものを購入できない。(パネルだけで百万円近くになりそうだ。) かくて、わずかなガソリンを節約して、高価な自動車を台無しにしてしまうことになる。
 そして、そういうわけには行かないから、高級車を野ざらしにすることはできない。とすれば、太陽電池が働く期間は、ごく短い。ゆえに、ペイしない。

 なお、仮に野ざらしにしたとしても、太陽電池のコストの回収には 30年ぐらいかかるから、自動車の寿命(10年ぐらい)の方が早く来てしまう。そうなると、せっかくの太陽電池を、無駄に捨ててしまうことになる。太陽電池そのものが無駄なゴミに化けてしまう。

 結局、太陽光発電の自動車ルールというのは、ただの無駄である。百万円近くをかけて、発電量はスズメの涙にしかならない。簡単に言えば、巨額のゴミを作っているようなものだ。こんなことで「地球に優しい」と言えるんですかね?

 「やたらと太陽電池を増やそう」という発想は、これほどにも馬鹿げているのだ。にもかかわらず、BMW もトヨタも、馬鹿なことをやっている。……ひょっとしたら、彼ら自身は馬鹿ではないのかもしれないが、「太陽電池で馬鹿な大衆をだましてやろう」という宣伝効果を狙ったものだろう。
 見くびられたものだ。

 [ 付記 ]
 なお、この太陽電池つきルーフによって、直接的にガソリンが節約されることはない。なぜなら、太陽電池で発電された分は、走行には使われず、エアコンなどの補器類の駆動に使われるだけだからだ。
 ま、間接的には、ガソリンが節約されている、とは言える。しかし、どうせなら、「エアコンのかわりに、窓を開けるだけで我慢する」というふうにするだけで、同じ効果が得られる。

 あるいは、「屋根を白っぽくする」ということだけでもいい。
  → 省エネ・カラー
 こっちの方がはるかに効果的な省エネだ。日本中の車がこれを実行すれば、ごく限られた一部車種が太陽電池つきルーフにするより、圧倒的に多くの省エネ効果を得られる。
posted by 管理人 at 19:07| Comment(0) |  太陽光発電・風力 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ