2007年05月18日

◆ 数学ネタ


 コンピュータの著作権違反をめぐる 数学ネタ。
 「大学教授、円周率を計算し過ぎて逮捕」
http://www.faireal.net/articles/4/23/#d60401 ──

 日付を見ればわかるとおり、これはネタです。わからない人もいるようだが。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2392583

 エイプリルフール・ネタとしては、私の知っている限りでは、これが一番面白かった。今ごろになって、時期はずれみたいだが。
(去年のネタだし。)

 だけど、一つ知識を覚えた。
 「クヌースのタワー記法」というもの。そういう数学知識を得ました。
 冗談のうちにもためになる話があるのが、偉い。

 ※ けれど、皮肉がぴりりと効いていないのが、ちょっと残念。
  JASRAC の金儲け体質には触れていないで、単に取り締まり強化を皮肉っているだけだ。善人を皮肉り、悪人を助ける、という方向のジョークは、私の好みとは違いますね。……面白けれど、後味はよろしくないようで。



 ついでに見つかったジョークサイト。
http://www.f7.dion.ne.jp/%7Emoorend/news/science.html

 玉石混淆だが、次のものはちょっと面白い。
http://www.f7.dion.ne.jp/%7Emoorend/news/2005112801.html
http://www.f7.dion.ne.jp/%7Emoorend/news/2005010401.html



 【 オマケ 】
 南堂式・血液型ジャンケン学

 血液型別の性格判断で、じゃんけんの出し方を(いくらか)予想できる。

  ・ O型
   …… 根が単純なので、グーかパーである。どちらかというとパー。
  ・ B型
   …… ひねくれているので、チョキである。次いで、明るいパー。
  ・ A型
   …… 気が小さいので、グーである。次いで、チョキ。
       (パーは恥ずかしくて出せない。)

 さて。面白いのは、このあとだ。この三者がたがいに無意識的にじゃんけんをすると、次のようになる。
  ・ OとBなら → パーとチョキで、Bの勝ち。 (O < B)
  ・ BとAなら → チョキとグーで、Aの勝ち。  (B < A)
  ・ AとOなら → グー と パーで、Oの勝ち。 (A < O)


 この関係は、けっこう当たっている。血液型性格学の結論とおおむね同じだ。

  ※ 上記の「勝ち」というのは「気が強い」「押しが強い」というような意味。

 参考。
 じゃんけんで勝率を上げるには、相手の出す手を二通りに予想した上で、次のようにするといい。
  ・ 相手がO型なら → パーを出せばよい。
  ・ 相手がB型なら → チョキを出せばよい。
  ・ 相手がA型なら → グーを出せばよい。
 つまり、相手が出しそうな手を出すといい。悪くても引き分けで、うまく行けば勝ち。負ける確率は低い。
posted by 管理人 at 12:09| Comment(0) | コンピュータ_01 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ