2007年01月22日

◆ しんにょう


 しんにょうについては、次のような点が言及されている。
 (1)「朝日新聞では、『辻』だけで、一点しんにょう(他は二点)」
 (2)「新聞協会は、しんにょう・しめすへん・食へんについて、略字容認の要望をした」
 (3)「MSでは、一点と二点の違いを、デザイン差(包摂)と見なしている」

 ※ 文字についての細かな話です。うんちくふう。 ──

 (1)「朝日新聞では、『辻』だけで、一点しんにょう(他は二点)」
 これは変だ、という見方もあるだろう。ま、変だといえば変だが、朝日はもともと変だから、変なのがあってもおかしくはない。正常人が狂うのはおかしいが、狂人が狂うのはおかしくない。……あと、(2) も参考になる。

 (2)「新聞協会は、しんにょう・しめすへん・食へんについて、略字容認の要望をした」
 これを基準とすれば、(1) はおかしくない。
 だけど、どうして「辻」だけが例外か? というと、「これが国字だから」という見解もある。
  → http://d.hatena.ne.jp/NAOI/20070115
 新聞協会の見解については、私の批判もある。
  → http://hp.vector.co.jp/authors/VA011700/moji/codeknk2.txt

 (3)「MSでは、一点と二点の違いを、デザイン差(包摂)と見なしている」
 MS(というか unicode )は、一点と二点を区別しない体系だ、という見解。
  → http://d.hatena.ne.jp/NAOI/20070115

 なお、「HG正楷書体」では、「辻」も「迸」も、どちらも「ろ」のような形の筆記体で、区別されない。
 また、次の画像もある。
  → http://hp.vector.co.jp/authors/VA011700/moji/sinnyou.gif

 ──

 次の記述もある。
  → http://hp.vector.co.jp/authors/VA011700/moji/codeknk2.txt
  → http://hp.vector.co.jp/authors/VA011700/moji/codeitai.htm
    (§4−4 しんにょう)

 ──

 結論。
 結論は、「結論はありません」となる。あれこれ錯綜していて、議論が一点に収束しない。拡散状態である。で、どうしてかというと、状況そのものが拡散状態であるからだ。
 元はといえば、楷書体を明朝体にするときに、どういうふうにするか、という点で、ズレが大きくなってしまった。ここに根源がある。
 通常の略字は、筆記体そのものが略字なのだが、明朝体のしんにょうでは、筆記体と明朝体との食い違いがあるせいで、事情が複雑化してしまっている。
 というわけで、「結論なし」が結論。
posted by 管理人 at 18:28| Comment(0) |  文字規格 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ