2006年10月09日

◆ 進化とは何か

 「進化とは何か?」という本質について語る。
  ・ 従来の説 …… 「進化とは種内の改善である」
  ・ 新しい説  …… 「進化とは新種の追加である」

 詳しい話は:
 → 進化の意味



 【 追記 】
 本項を記してから二年後に、次の項目を書いた。こちらを読んでほしい。重要な話がある。

  → 進化の本質
posted by 管理人 at 01:08| Comment(10) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
難しい理屈は種々ありましょうが,本質を言ってしまえば要するに,
進化 = 生物
生物 = 進化
という考えで腑に落ちてます。
Posted by 良寛 at 2006年10月09日 16:53
進化論と創造論の掲示板にたびたび出入りしている者です。敢えて匿名でいかせてもらいます。

> 「小進化の蓄積によって大進化が起こる」
 これについては疑問を呈する人が非常にたくさんいる。クラス進化論もまた同様だ。

疑問を呈する人が非常にたくさんいるからどうなのですか?

クラス進化論の場合、誰の目にも触れないから、疑問を呈する人が少ないだけでは無いのでしょうか?

何故その「」内の考えが否定されなければならないのか分かりません。

もう一つ、その考えは南堂さんのクラス進化論とは相容れない考えですか?

----------------------------------
  ・ 従来の説 …… 「進化とは旧人から新人へ交替することである」
  ・ 新しい説  …… 「進化とは旧人とは別に新人が追加されることである」
----------------------------------

2つの説が並存する事が可能であると思うのですが、新しい説以外大進化を説明する事が出来ない根拠を傍証や論を駆使してお聞かせください。
Posted by 匿名希望 at 2006年10月09日 23:10
良寛さんさんの認識は、いい線を突いていますが、惜しいかな、ほんのちょっとマトがはずれています。
 上記のページで述べているのは、生物の「本質」ではなく、生物の「目的」です。
 で、生物の目的を「進化」と見なすのであれば、正解です。クラス進化論では、次のようになります。

   生物の目的 = 質の向上 = 進化

 一方、従来の説では、次のようになります。

   生物の目的 = 遺伝子の増殖 = 量の拡大 = 退化

 生物が細菌から虫や魚類を経て哺乳類に進化したことで、遺伝子数は激減しましたが、質的には向上しました。
 仮に、遺伝子数の増殖が目的であれば、細菌になってしまえばいいのです。そうすれば、何百万とか何十億とかいう単位ではなく、何兆とか何百兆とかいう数で、遺伝子を増やせます。しかも、有性生殖と違って、自己の完全コピーを作成できます。利己的遺伝子説に従うなら、細菌に退化することが生物の目的です。

 ──
 
 一方、生物の「本質」は、進化でも退化でもありません。たとえば、われわれ一人一人は、進化したいわけでも退化したいわけでもありません。われわれがこの世界に生きていることの本質は、進化や退化とは別のところにあります。では、それは、何か? 
 そのことについては、別のページで示しています。

http://hp.vector.co.jp/authors/VA011700/biology/class_09.htm
 「従来の進化論は、「生物の本質は利己主義だ」と主張する。クラス進化論は、「生物の本質は愛と性だ」と主張する。」
 「今日、あらゆる生物が絶滅せずに生存できているのは、利己主義ではなくて愛があるからだ。愛こそは、進化したあらゆる生物の本質なのだ。」
 「そこには利己主義を超えた何かがあるはずだ。  その何かを「愛」と呼んでもいい。親が子を大切にし、雌雄のそれぞれが異性を大切にするのは、「愛」があるからだ。それは生物に根本的に備わっている本質であり、利己主義を超えたものだ。そういう利己主義を超えたものが、生物を誕生させ、生物を進化させ、それぞれの生物の本質を規定する。」

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 匿名希望さんへ。

> 新しい説以外大進化を説明する事が出来ない

 とおっしゃっていますが、よく趣旨をお読み下さい。ここでは、
  「小進化の蓄積によって大進化が起こる」
 という説を、完全否定しているのではないのです。「完全肯定はできない」というふうに述べているだけです。自己の信念を全否定された、というふうに勘違いしないでください。

 現状では、「 」内のことを、完全肯定している人が大半です。「 」のことは絶対的に正しくて、疑問の余地はない、と思い込んでいる人が大半です。
 そこで、そういう思い込みを、打破しようとしているわけです。それだけです。(上記引用部の狙いは、誤解です。)

 ──

 なお、初心者の思い込みを打破しようとしているのは、私だけではありません。「南堂だけがそのことに反対している新説を出している」というふうに述べたならば、それは、他人の言説を横取りすることになります。

 実際、「 」内のことを完全肯定できない、と述べている人は、非常にたくさんいます。ネットでちょっと調べれば、すぐにわかるはずです。

 私が述べたのは、「そんなことは多くの人が知っていることだよ」という情報提供だけです。それ以上、もっと詳しいことを知りたければ、自分でネットでお調べ下さい。誰でも簡単にわかることを、いちいち教えていたら、キリがありません。ここは小学生向けの夏休み宿題解決所ではないのです。
 百科事典サイトでもいいし、私の進化論のサイトのリンクページでもいいし、進化論専門のサイトでもいい。あるいは、ブルーバックスを読むのでもいい。初歩的知識を調べたいときは、他人に「教えてくれ」というよりは、まずは自分で調べましょう。一番手っ取り早いのは、お金を出して、ブルーバックスでも買うことです。そのお金を節約したい、という意図であるなら、私に頼むより、親か友人にでも頼んでください。
Posted by 管理人 at 2006年10月10日 00:09
匿名希望でしたが、失礼しました。うだうだと言う物です。

やはり南堂さんは言葉で損をしているなと思います。

文章全体から、ある種の挑戦的態度が読み取れます。だから特に但し書きが無ければ完全否定と見て取れます。所謂ネットのほかの怪しげなサイトでは完全否定で説明しています。

http://akisince2006.blog.shinobi.jp/Entry/3/

まずここは進化論サイトの常連さんのHPです。どちらかといえば逆に完全肯定ですね。

http://www.nt.pial.jp/adel/pr2/p44.htm

ここは詳しく聞かないと分かりませんが、完全否定かと思います。

http://www.threeweb.ad.jp/~organism/jp/note_1.htm

ここは両者ですね。

まあここらで止めておきます。

南堂さんがHPで書いてあるように重箱のすみつつ気になるから、受け答えは避けたいと言う文章何となく分かりました。そうなる可能性が確かに高いですね。

返答の方は全て了解です。ご迷惑おかけしました。すべてすっきりしました。トンデモと言われるタイプの人とは大きく違うなと受け答えの印象から感じました。南堂さんからすれば、憤慨者だと思うでしょう。

では。
Posted by うだうだ at 2006年10月10日 07:32
誤解しやすいというご指摘を受けたので、その旨を補正する解説を示しておきました。

http://hp.vector.co.jp/authors/VA011700/biology/

という表紙ページの後半で注記しています。

──

小進化と大進化の関係については

小進化&大進化
http://openblog.meblog.biz/article/42140.html

という項目を新たに建て増した。
Posted by 管理人 at 2006年10月10日 20:18
管理人さんコメントありがとうございます。

ご説明のなかでどうもスッキリしないところがあります。

クラス進化論では,
  生物の目的 = 質の向上 = 進化
とのことですね。

この,生物の“目的”という部分が腑に落ちません。
失礼ながらこれは,例えば「惑星の目的」とか「台風の目的」などと同様に,論ずること自体不適当なことがらのように思えて仕方がありません。
論ずることの不適当さと同時に,そこに「進化」をもってくることにも大きな違和感があります。

先にも言いましたが,生物とはすなわち進化と考えています。
これは,生物が何かの拍子に「進化」という現象を獲得したのではなく,
そもそも生物は「進化」なしには存在し得ないという意味です。
「進化」がなければ原始スープに原始生命が発生することすらできませんから。

進化と生命は必然的にセットなのですから,生命の“目的”の先に「進化」をもってくるのは自己言及的に捩れた表現なのではないかと思われます。
Posted by 良寛 at 2006年10月11日 20:46
おっしゃることはもっともです。

目的というのは、理系の学術用語ではないので、文系ふうに哲学的に理解するための便宜的な用語だと思ってください。その言葉を使って説明すると納得できるかどうか、ということ。

「遺伝子は自らの増殖を目的として、そのために生物を操作する」

 という利己的遺伝子の発想があるので、それに合わせて、別の論を立てただけです。

 私が言いたいのは、「生物の目的」が何であるかというより、そういうふうに論じている利己的遺伝子説がおかしい、と示すことだけです。

 それだけです。私が何か言いたいわけではありません。あまり厳密に考える必要はなさそうです。
Posted by 管理人 at 2006年10月11日 20:59
管理人さんにつまらないケチをつけたようで申し訳ありません。

至極あっさりとしたお返事をいただいたので,ケチついでにもうひと言すみません。

>私が何か言いたいわけではありません。あまり厳密に考える必要はなさそうです。

ということなら,先にいただいたお返事,
 
> 良寛さんさんの認識は、いい線を突いていますが、惜しいかな、ほんのちょっとマトがはずれています。
> 上記のページで述べているのは、生物の「本質」ではなく、生物の「目的」です。

は,それこそ私の書き込みにケチをつけてみただけということですか?
Posted by 良寛 at 2006年10月11日 21:36
> 私の書き込みにケチをつけてみただけということですか?

まさか。読者サービスです。

実は、上記のコメントを書いたあとで、詳しく説明しようかとも思ったのだが、あまりにも多大になるので、書くのをやめたんです。

これ以上の読者サービスを期待されるかもしれませんが、済みません、それほど暇人ではないので、勘弁してください。
Posted by 管理人 at 2006年10月11日 21:46
了解しました!
サービスありがとうございました(^^)
Posted by 良寛 at 2006年10月11日 22:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ