2005年08月07日

◆ Firefox の高速化

 Firefox を高速化する設定がある。私もやってみた。ちょっとは速くなっているような気もする。少なくとも、遅くはなっていないようだ。詳しくは、下記。 ──

 方法は簡単で、テキストファイルを指定フォルダに入れるだけ。

 (1) テキストファイル
 user.js というファイル。拡張子は js である。
 通常、このファイルは初期設定では存在しないので、自分でファイルを作成する。
 このファイルに書き込む内容は、下記に記してある。
http://textocean.com/article/18/blitzfox-courtesy

 (2) 指定フォルダ
 WindowsXP ならユーザ専用の設定フォルダの奥の方にある profiles フォルダ。
 具体的には、ここに書いてある。
http://www.mozilla-japan.org/support/firefox/edit#profile

 ※ 
 気に食わなかったら? 上記のテキストファイルを削除するだけ。
 元の設定に戻すのは簡単なので、お試しするとよさそう。
 「すごく速くなる」と上記サイトの本人が言っているのだから、それを信じていいと思います。ま、害があるわけじゃないし。レジストリをいじるわけでもないし。
( 上記のファイルは ini ファイルみたいなものですね。こういう方法は好きです。)

 ※
 この高速化の設定をするときには、上記のサイトを Firefox 以外で開く必要がある。通常、MS-IE で開く。「MS-IEなんかいらないよ」とサイト主はいっているが、なんだか矛盾する気も。…… (皮肉っぽくて済みません。  (^^); )

 ※
 あとで MS-IE と速度比較をしてみたら、だいたい 1.5倍ぐらいの速さであるようだ。もともとの Firefox でも 1.2〜1.3 倍ぐらいはあったように思う。とすると、「少しは効果がある」ということでしょうか。かけた手間の割には、効果はある……かもしれない。だけど、私みたいに、こんなことをグダグダと書いていると、トータルでは損かも。
posted by 管理人 at 22:16| Comment(2) | TrackBack(0) | コンピュータ_01 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、いつも拝見しています。

user.jsのファイルを消しても、ファイル内を空にしても
設定は元に戻りません。
prefs.jsに設定が反映されるためです。
元に戻すには、変更箇所をデフォルト値に戻し、
追加項目の場合はその項目を削除する必要があります。(about:config等を利用して)

また、設定中もFirefox利用できます。
user.jsが反映されるのは、Firefoxを起動した時ですから。
Posted by ginyoku at 2005年08月09日 20:34
ginyokuさんのコメント通り、Mozilla系のuser.jsをイジル場合には、予めdefaultのprefs.jsをバックアップしておいた方がよいと思います。
尚、about configの代わりにConfig Files Editorという設定ファイル編集機能を追加する拡張機能 (アドオン)を使っています。
Posted by 大五郎 at 2005年08月09日 23:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ