2005年08月05日

◆ JIS(X0213:2004)

 JIS の文字規格(JIS:2004)について、あらためて論述しよう。 ──

 この件については、07月30日でも述べた。
http://openblog.seesaa.net/article/5453160.html

 このページでは、「(4) まとめ・字形画像」のサイトを紹介した。
http://www.eonet.ne.jp/~kotobukispace/ddt/jisx0213/02132004.html

このサイトの内容を見ながら、改めて感想を述べよう。(読者もこのサイトを参考にしながら読んでほしい。JIS:2004 の文字一覧画像がある。コードポイントと字形の対応。)

 まず、次のことがわかる。

 ● JIS:2004 では、X0213 を元にしており、字形を変更したものである。
 ● したがって、第3水準・第4水準の文字がある。
 ● これらの追加文字は、シフトJISの規格に収まっている。
 ● 外字コードまですべて埋められているので、外字は使えなくなる。

 また、字形だけについていえば、次の点が注目点だ。
 ● 国語審議会の「簡易慣用字体」は、ほとんどが採用されていない。正字に変更されると同時に、略字の方は消えてしまっている。
 ● ただし、文字を追加される形で、「簡易異体字」が残ったものもある。それが、追加分の10字である。すなわち、下記だ。
  「倶 剥 叱 呑 嘘 妍 屏 并 痩 繋」

 この10字を、私なりに評価すれば、「剥」だけは(追加でなく)「字形の変更」をしてほしかったですね。現状だと、「剥」という気持ちの悪い略字がそのまま残ってしまう。他の文字は、目を凝らさないと違いがわからないものが多いが、「剥」だけはすぐにわかるし、非正規の文字だ。こんなものは消滅させてほしかった。残念。
(消滅させないと、以前の文字はみんな「剥」という略字のまま残ってしまう。また、「剥」の正字を使うと、旧来のフォント環境では文字が消滅してしまう。不便だ。)
(ただし、異論もあるだろう。そして、その異論が、多数派を占めたわけだ。私としては、この1字だけが、無念である。悔しい。 ちっ(怒った顔) ふらふら


 ※ 「同感だ」とか「そうは思わないね」とかいう感想があれば、
    下のコメント欄にお書き下さい。
posted by 管理人 at 23:03| Comment(3) | TrackBack(3) |  文字規格 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

 訂正と追記。

 訂正。
 上記で「簡易異体字」というのは、正しくは「簡易慣用字体」である。(国語審議会の用語。)

 追記。
 「剥」という字は、「簡易慣用字体」に採用されていない。つまり、国語審議会の方針は、私の意向と同じで、「こんな略字は認めない」というものだ。
 なのにJIS の規格では、この略字を強引に正規のコードポイントに押し込んでしまった。委員会の横暴。勝手に国語政策を決める。……汚点を残した感じだ。(ま、「現行でも使われている」というのが言い分だろうが、そんな言い分を通すくらいなら、最初から何もしないで、全部元のままにする方が筋が通っている。)
Posted by 管理人 at 2005年08月07日 22:30
「略字の方は消えてしまっている」というのは完全に誤りです。JIS X 0213:2004は、表外漢字字体表(平成12年12月8日国語審議会答申)に示されている22種の簡易慣用字体(唖頴鴎撹麹鹸噛繍蒋醤曽掻痩祷屏并桝麺「さんずいに戸」芦蝋弯)を全て含んでいます。そもそも、これら22種の簡易慣用字体を、対応する印刷標準字体と分離するために、1面94区91〜93点の3字をわざわざ追加したり、「芦」(1面16区18点)の例示字体を変更したりしたんですけど?
Posted by 安岡孝一 at 2005年08月18日 17:01
ご指摘ありがとうございました。ご指摘の件は、おっしゃるとおりです。
 (ただし、私が書いたのは、「まったく消えてしまっている」ではなくて、「ほとんど消えてしまっている」ですから、ちょっとは弁明の余地はあるんですが。……苦しい言い訳。  (^^); )

 ──

 なお、間違いの理由を釈明すると……
 22字というのは、正式案(2000年)のもの。一方、私が根拠にしたのは、1999年の「試案」(39字)の方です。こっちを見て判断しました。

 1999年に、国語審議会の試案(国語審議会の「表外字の印刷標準字体・試案」)が大々的にマスコミで報道されました。一方、正式案の方は、ほとんど報道されなかったような気がします。

 で、試案の方では、簡易慣用字体として、
「遡辻祇(祀)渕桧壷噛讃櫛曽痩薮楕涛祷祢絣砺(芦)蝋篭卉(隙)掻薩煎(欝)頴澗(厩)惧荊靱纒兎桝臈(臘)」(39字)
 が示されています。私はこれを見て、上記のコラムの話を記述しました。

 試案からは半分ぐらいが削られたわけです。ですが、それは、JISというよりは国語審議会の方針だったのですね。この点では、私の勘違いでした。
 お詫びして訂正します。また、ご指摘に感謝します。

 ※ 試案と正式決定の細かな違いなんて、5年も前の話なので、すっかり失念しておりました。(年を食ってボケたせいかも。)
 ※ しかしまあ、今回、大量の文書を書き散らした割には、間違いは少なかった方かも。……一人でこれだけたくさん書けば、間違いがいっぱい含まれていても良さそうだが。……いや、これからまだいくつか発見されるかも。  (^^);
Posted by 管理人 at 2005年08月18日 20:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

?? ??????貮??
Excerpt: <a href="http://www.videohq.ru/muzh-trahaet-zhenu.html">?? ??????貮??a>
Weblog: ?? ??????貮??
Tracked: 2008-10-03 09:53

????????
Excerpt: <a href="http://www.klevie-telki-zdes.ru/index.html">??????宼/a>
Weblog: ????????
Tracked: 2008-10-08 23:41

????????褥??????u
Excerpt: <a href="http://www.klevie-telki-zdes.ru/skachat-porno-video-posting.html">????????褥??????u</a>
Weblog: ????????褥??????u
Tracked: 2008-10-09 14:27
  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ